妊娠中の便秘は危険!?

便秘とは、毎日排便がないことも1つの症状ですが、その他にも
・排便はあるが、コロコロした固い便
・残便感がある
・お腹の張りを感じる

などこのような不快症状があるときは要注意です。トイレで長時間いきみ続けると「痔」になることもあります。また、妊娠中は子宮の収縮によりお腹が張ることがありますが、便秘による張りなのか危険な張りなのか区別がつかないこともあるので、妊娠中の便秘は注意が必要なのです。

妊娠中の便秘の原因とは

妊娠中に便秘になりやすい時期は、妊娠初期と後期です。原因は人それぞれですが、主に3つの原因があります。

水分をしっかりとろう

水分補給をしっかりと

1.食事バランスの乱れと水分不足

妊娠初期は、つわりがあったり嗜好が変化する方も多いので、今までの食習慣や食事のバランスが乱れてしまうことが多く食物繊維などが不足し便秘の原因になることがあります。また、食事量が減ることで食事から摂取できていた水分量が減ることと、赤ちゃんにも水分が必要なので水分不足になり便秘になりやすいのです。

 

2.ホルモンバランスの影響
妊娠すると「プロゲステロン」というホルモンが妊娠を維持するために子宮の筋肉をやわらかくしたり、腸のぜん動運動を鈍くさせる働きがあります。また、子宮がどんどん大きくなり腸を圧迫することも便秘になる原因です。

3.ストレス
妊娠中は、体の変化などでストレスを感じることも多くなります。腸は自律神経と深く関わりがあるため、ストレスから便秘になることもあります。

次のページでは具体的な便秘改善方法をご紹介いたします。