赤ちゃんもニッコニコ!クアドロペッド

赤ちゃんと目を合わせて……

赤ちゃんと目を合わせて……

1. 赤ちゃんを仰向きに寝かせ、ママはお顔が見えるところで四つん這いになります。(最初は同じ向きをお勧めしますが、慣れてきたら赤ちゃんのお顔が逆さに見える向きにセットしても喜びます。)手のひらが肩の真下に、太ももが床と垂直になるようにセッティングします。


 
肘の使い方に気をつけましょう!

肘の使い方に気をつけましょう!

2. 呼吸を楽に続けながら、両肘が突っ張らないように両サイドに張っておきます。肩の高さを変えずに両肘を緩めるイメージ、もしくは肘で両サイドにある壁を押すような感覚で行いましょう。


 
つま先は床の上でOK

つま先は床の上でOK

3. 1~2の動きに慣れてきたら、脚の動きにチャレンジです。息を吐きながらお腹を引き締め、右足を後ろへ伸ばしてみましょう。このとき、最初はつま先で床をこするように行います。お尻の高さを変えないよう丁寧に送りだしたら、息を吸ってキープ、息を吐くタイミングで元の位置に戻してきます。


 
慣れてきたらチャレンジ!

慣れてきたらチャレンジ!

4. 反対側も同じように行います。慣れてきたら足を床から持ち上げてみましょう。左右合わせて5~6往復行います。



 
赤ちゃんのお世話には腕力が不可欠!自分の体重を支えることで、しっかりと腕の筋肉に持久力が付いてきます。赤ちゃんはずっとママのお顔が見えるから安心!ママも赤ちゃんの笑顔が見られるから頑張れる!! 一石二鳥の楽しいエクササイズです。ぜひお試しください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。