築44年のリノベマンション、買っても大丈夫ですか?

中古マンション

中古マンションは、良い面も悪い面もあり、見分けるのが大事。

現在、リノベーション済みで内装が気に入ったマンションがあります。価格も予算内なのですが、築40年超というところが気になります。こんなに古い物件、買っても大丈夫でしょうか?

【検討中の中古マンションの概要】
○ 価格 3670万円
○ 交通 東急田園都市線 池尻大橋駅徒歩8分
○ 広さ・間取り 61.76平米・2LDK
○ 築年 1970年築
○ フラット35適合物件
○ リノベーション済み


古くても「フラット35適合マンション」は安心の目安

概要の主な項目を見る限り、立地、価格、間取りのバランスがとれている、好条件の売り物件だと思われます。ただし、このマンションは、築44年と相当に古く、耐震性、耐久性、維持・管理の状況などがおおいに気になるところです。その点、住宅金融支援機構が定める、フラット35適合条件をクリアした物件ということであれば、ひとまずは安心といえます。

ここでは詳しい条件についてはふれませんが、耐久性については、外壁や柱に鉄筋の露出がなく(あれば、鉄筋が錆てコンクリートがぼろぼろな状態)、耐震性については、平面形状が著しく不整形ではなく、ピロティ部分が偏在していない倒壊の危険性が低い構造、維持管理については、毎月管理費・修繕積立金を徴収し、建物の維持・管理をする費用があるということですから、ひとつの安心の目安とはなるでしょう。


住んでみないと分からないことの確認方法は?……次のページ