秋なすのあんかけ丼ぶり

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

だしと生姜がほんのりきいた、秋なす丼ぶり

秋なすをシンプルに丼ぶりにしていただくレシピです。なすと相性のよい生姜をきかせ、とろみをつけた和風だしのあんをたっぷりとかけて仕上げます。

なすは油と相性がよいので、油で素揚げしても美味しいのですが、今回はより簡単にフライパンひとつで作るレシピにしています。


秋なすのあんかけ丼ぶりの材料(2人分

秋なす丼ぶりの材料
なす 2本(約200g)
ご飯 丼ぶり2杯分
生姜 おろした状態で少々
あさつき 少々
ふたつまみ(下味用)
サラダ油 大さじ2
丼ぶりのあんかけの材料
だし 150ml
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
ひとつまみ
あんかけのとろみづけの材料
片栗粉 小さじ2
大さじ1

秋なすのあんかけ丼ぶりの作り方・手順

秋なす丼ぶりの作り方

1:なすを切る

なすを切る
なすはヘタを切り落として縦に8等分に切ります。切ったものは水にさっとさらしてから、キッチンペーパーで水気をふき取っておきます。

2:フライパンで炒める

フライパンで炒める
フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、切ったなすの皮目を下にして並べ、皮から炒めます。皮の色が鮮やかな紫色に変わればフライパンを振って炒めます。

3:なすに下味をつけ、丼に盛りつける

なすに下味をつけ、丼に盛りつける
なすに火が通ったら火を止め、塩を全体に振って下味をつけます。丼ぶりにごはんをよそい、炒めたなすを上に盛りつけます。

4:フライパンで丼ぶりのあんを作る

フライパンで丼ぶりのあんを作る
フライパンにあんかけの材料を合わせて沸かし、とろみづけの片栗粉と水をしっかりと溶かし混ぜたものを流し入れてとろみをつけます。 沸いたらお玉をまわして渦を作りながら、水溶き片栗粉を少量ずつ流し入れるとダマになりにくいです。

5:あんをかけて薬味を盛りつける

あんをかけて薬味を盛りつける
丼によそったなすの上に、あんをかけ、刻んだあさつきとおろし生姜を盛りつけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

なす以外にも、れんこんやオクラなど、だしや油と相性のよい野菜であればそのまま置き換えて美味しく作ることができます。ボリュームをより出したいときは、あんを作るときに油揚げなどを加えても。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。