醤油だれで作る、アスパラとにんじんの肉巻き

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず肉巻き

 

ごはんにぴったり! 醤油だれで、アスパラとにんじんの肉巻き

旬のアスパラを使って肉巻きを作りましょう! 醤油がきいた甘辛だれは、ごはんとの相性が抜群!晩ごはんの主菜やお弁当などにもぴったりのおかずです。また、豚バラ肉ではなく豚ロース肉を使うので、脂も少なく野菜の美味しさが引き立つレシピに仕上げています。

アスパラとにんじんを同じ長さに切ることで、巻いた肉が崩れにくくなり、爪楊枝で刺したり、片栗粉をふったりという面倒なことも必要ありません!

アスパラとにんじんの肉巻きの材料(2~3人前

アスパラとにんじんの肉巻き
アスパラガス 4~5本
にんじん 1/2本
豚ロース肉 薄切りを8~10枚(150g程度)
醤油だれ
濃口醤油 大さじ3
日本酒 大さじ1
砂糖 小さじ1
豚ロース肉ではなく、豚バラ肉でも作ることができます。特徴としては、ロース肉の方が脂が少なくて比較的さっぱりめで、豚バラ肉の方がジューシーに仕上がります。こちらはお好みで材料を使い分けてください。

アスパラとにんじんの肉巻きの作り方・手順

アスパラとにんじんの肉巻きの作り方

1:アスパラとにんじんを切る

アスパラとにんじんを切る
アスパラは根元の硬い部分を切り落としてから、根元側の皮を2~3cmむきます。
にんじんはアスパラの長さに合わせて、縦1/2本を用意し、5mm角の棒状に切ります。 アスパラの長さに合わせてにんじんを切ることで、肉を巻いたときに崩れにくくなります。

2:アスパラとにんじんはさっと下ゆでする

アスパラとにんじんはさっと下ゆでする
塩を加えたお湯を沸騰させ、アスパラとにんじんを下ゆでします。
アスパラとにんじんを同時に入れて、1分間ゆでるだけでOKです。
この時点では野菜に火は通っていませんが、肉を焼くときにしっかり火が通るので大丈夫です!

3:野菜の水気をふき取る

野菜の水気をふき取る
ゆで上がったアスパラとにんじんは、ざる上げしてから粗熱を取り、キッチンペーパーなどでしっかり水気をふき取ります。

4:肉に巻いていく

肉に巻いていく
豚ロース肉薄切り2枚に対して、アスパラ1本とにんじん3~4本を用意し、写真のように、少し斜めにして巻いていきます。 豚ロース肉は2枚を横並びにし、2~3cm重なるようにします。

5:隙間のないようにしっかりと巻く

隙間のないようにしっかりと巻く
アスパラとにんじんをぎゅっと締めつけるように、少しきつめに巻いていきます。きつめに巻けば、後で崩れる心配もありません。

6:フライパンに入れ、中火で焼く

フライパンに入れ、中火で焼く
フライパンにサラダ油小さじ1程度をひき、中火で焼いていきます。
30~40秒くらいでころころと転がし、焼くところを変えながら、肉に焼き色をつけます。
肉を焼く前に、調味料をカップなどに合わせておくとよりよいです。

7:火加減は中火のまま、醤油だれを加える

火加減は中火のまま、醤油だれを加える
美味しそうな焼き色がついたら醤油だれを加え、火加減は中火のまま、フライパンに蓋をして1分間蒸し焼きにします。

8:醤油だれがなくなるまで煮詰めて完成

醤油だれがなくなるまで煮詰めて完成
1分後に蓋を取って、醤油だれをさらに煮詰めていきます。フライパンにほとんど醤油だれがなくなれば完成です。

ガイドのワンポイントアドバイス

アスパラ1本を長いまま丸ごと使って肉巻きにすることで、巻いた肉が崩れてしまうという心配がなくなります。ぎゅっときつめに肉を巻くことが大切です! また、醤油をきかせたレシピなので、しっかり味はついているのですが、お好みでこしょうを少し振っても美味しいです。特に豚バラ肉を使う場合は、こしょうを振ったほうが美味しくなります!