山椒が香る、鶏の照り焼き

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかず照り焼き

 

山椒が香る、鶏の照り焼き

鶏の照り焼きは、大人も子供も大好きな定番料理です。手間暇をかけてグリルで焼いて作ってもいいのですが、フライパンで作る方がより簡単。最後に粉山椒を振って香り付けをすることで、ぐっと本格的な味に仕上がります。大人は山椒たっぷり、子供は山椒をかけずに食べられるよう、粉山椒を最後に振りかけるレシピにしています。

鶏の照り焼きの材料(2人分

鶏の照り焼き
鶏もも肉 1枚(約300g)
濃口醤油 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
日本酒 大さじ1と1/2
粉山椒 ふたつまみ程度
鶏もも肉は、事前に室温に戻しておくと、焼いたときにスムーズに火が通ります。

鶏の照り焼きの作り方・手順

鶏の照り焼きの作り方

1:鶏肉を切る

鶏肉を切る
鶏肉は事前に室温に戻しておき、フォークなどで皮をついて、食べやすい大きさ(鶏もも肉1枚を2~3等分)に切り分けます。
特に塩やコショウを振る必要はありません。

2:フライパンで皮から焼く

フライパンで皮から焼く
フライパンにサラダ油を少量ひき、皮から焼いていきます。しっかり焼き色をつけたいので、火加減は中火程度。 焼いている途中で、鶏肉から脂が出てくるので、キッチンペーパーなどで丁寧に吸い取ってあげましょう。そうすることで、きれいな焼き色がつきやすくなります。

3:皮に美味しそうな焼き色がついたら裏返す

皮に美味しそうな焼き色がついたら裏返す
皮に美味しそうな焼き色がついたら裏返し、反対側を焼きます。ここで9割方肉に火を通す気持ちで、中火から少し火を弱めて肉に火を通します。 用意した鶏肉が厚みのあるもも肉だった場合は、蓋をして少し蒸し焼きにするなどして、じっくり火を通してください。

4:調味料を加える

調味料を加える
鶏肉にしっかり火が通った頃合いを見計らって、濃口醤油、みりん、日本酒の調味料をフライパンに加えます。火加減は中火から少し弱めた状態のまま、2分程度肉の上下を裏返しながら、肉に調味料を絡ませます。

5:鶏肉を取り出す

鶏肉を取り出す
2分たったら、鶏肉を取り出します。

6:調味料を煮詰める

調味料を煮詰める
残った調味料は、フライパンを動かしながら、弱火で煮詰めます。沸いてくる泡が大きくなって、とろみがつき始めたら火を消して、鶏の照り焼きの仕上げに移ります。

7:とろみのついたたれをかけ、最後に粉山椒をふる

とろみのついたたれをかけ、最後に粉山椒をふる
取り出しておいた鶏肉を食べやすい厚みに切り分け、お皿に盛りつけます。その鶏肉に、とろみのついたたれをかけ、最後に粉山椒をたっぷり振りかけて完成です。 ししとうを焼いて軽く塩を振ったものを添えて仕上げました。

ガイドのワンポイントアドバイス

鶏の照り焼きは、最後にしっかり調味料を煮詰めることが大切です。そうすることで、しっかり鶏肉に味がのって美味しくなります。また、粉山椒は肉に振りかけると思ったより香りが立ちにくいので、“ちょっと多いかな”くらいの分量がおすすめです。