"鎌倉アルプス"を歩く!

"鎌倉アルプス"の別名もある「天園ハイキングコース」。鎌倉のハイキングコースは標高が低いので、ファミリーや初心者でも楽しめます

"鎌倉アルプス"の別名もある「天園ハイキングコース」。鎌倉のハイキングコースは標高が低いので、ファミリーや初心者でも楽しめます


海と山に囲まれた地形の鎌倉には、北部の山の尾根を中心に、本格的なハイキングが楽しめる、6つのハイキングコースが整備されています。

その中で、最も距離が長いのが、"鎌倉アルプス"とも呼ばれる「天園(てんえん)ハイキングコース」。北鎌倉の建長寺から、紅葉ヶ谷(もみじがやつ)にある瑞泉寺まで、3.8km、約2時間のコースです。

標高は、最も高いところでも約159メートル。ファミリーやハイキング・トレッキング初心者の方でも、きちんと準備さえすれば、安心して歩くことができます。

鎌倉ハイキングコースの地図

スタートは、北鎌倉の建長寺

「天園ハイキングコース」は、分かれ道が多く、色々なコースバリエーションを楽しむことができますが、今回は、最も一般的なコースである建長寺~瑞泉寺をご案内します。

まずは、北鎌倉の建長寺へ向かいましょう。JR北鎌倉駅から建長寺までは、徒歩で約15分くらいです。
建長寺境内

建長寺境内


建長寺の裏山の中腹にまつられている「半僧坊(はんそうぼう)」が、天園ハイキングコースのスタートなので、拝観料(300円)を支払い、建長寺の境内に入ります。

建長寺は、禅寺の格付けを示す「鎌倉五山」第一位のお寺。大きな伽藍(がらん)が建ち並ぶ中を、奥の方へと進んでいきましょう。

<DATA>
■建長寺
住所:鎌倉市山ノ内8
アクセス:JR「北鎌倉駅」徒歩15分
地図:建長寺ホームページ

半僧坊から勝上けん展望台へ

半僧坊へと向かう「半僧坊道」は、のどかな散歩道。歩いて行くと、その先に石段があり、いよいよ山登り開始です! 
半僧坊への石段と紅葉

半僧坊への石段と紅葉


この辺りは紅葉が多く、晩秋は、とてもきれいです。およそ200段の石段を上ると、半僧坊の境内に到着。半僧坊は、明治時代に静岡県の方広寺(奥山半僧坊)から勧請された建長寺の鎮守。火防、厄除け等、様々なご利益があるとされます。

社殿の周囲には、半僧坊のお供とされる烏天狗(からすてんぐ)たちが、近寄る者を見張っています。
勝上けん展望台より眺める建長寺境内

勝上けん展望台より眺める建長寺境内


半僧坊から、さらに石段を上っていくと、「勝上けん(しょうじょうけん)展望台」にたどり着きます(標高145.1m)。展望台からは、建長寺の境内を一望の下に見渡すことができます。あの大きな建長寺の建物が小さく見えますね!
建長寺境内の案内板

建長寺境内の案内板


上の写真は、展望台付近に立っている建長寺の境内案内図。左下が建長寺の入口で、右上の「現在地」が展望台付近を示しています(写真をクリックすると、拡大)。

展望台の少し上で、道が二手に分かれているので、右手の方(瑞泉寺・覚園寺方面)へ進んでいきましょう。ちなみに、左へ行くと、明月院のある明月谷に出ます。