ファミリー、カップル、一人歩きでも楽しめる観光地・江ノ島

「はじめて江ノ島に行くけど、江ノ島ってどんなところ?」、「江ノ島のおすすめの観光スポットや、遊び場を知りたい」というような江ノ島初心者向けに、ガイドが選ぶ「はじめての江ノ島 おすすめ観光名所ベスト5」をご案内します。
江ノ島へのプロムナード「江ノ島弁天橋」

江ノ島へのプロムナード「江ノ島弁天橋」


江ノ島は、ファミリー、カップルはもちろん、一人歩きも楽しい観光地です。

ちなみに、江ノ島は鎌倉の一部と思っている人も多いようですが、江ノ島は藤沢市に属します。江ノ島に関するお問い合わせは藤沢市観光センターまたは観光案内所へお願いします。

なお、記事の最後では、遊覧船「べんてん丸」などを使った、ベスト5を効率よくまわるモデルコースや、おトクなチケット情報、江ノ島と一緒にめぐりたい藤沢の他の観光名所もご紹介します。

第5位 稚児ヶ淵

-江ノ島で、素晴らしい夕日を見られる絶景スポット

江ノ島の西端の「稚児ヶ淵(ちごがふち)」のあたりには、デコボコの岩場、海蝕(かいしょく)台地が広がっています。

磯遊びをする子供たち

磯遊びをする子供たち


この岩場の地形は、関東大震災のときに、海に沈んでいた土地が隆起してできたそうです。岩場には、さまざまな海の生き物たちが暮らしていて、磯遊びや磯釣りを楽しむ人々でにぎわいます。

稚児ヶ淵の夕日(写真提供:藤沢市観光協会)

稚児ヶ淵の夕日(写真提供:藤沢市観光協会)


また、「稚児ヶ淵」は「かながわの景勝50選」にも選ばれている絶景スポットで、秋から冬にかけての晴れた日は、左手に伊豆大島、正面に伊豆半島の山々、右手に富士山を一望できます。特に日の出と日没の景観は見事です。

<DATA>
■稚児ヶ淵
アクセス:徒歩の場合:江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩約35分 小田急電鉄「片瀬江ノ島駅」徒歩30分
遊覧船べんてん丸を利用した場合:江の島弁天橋より約10分
地図の右端です → イラストマップ(江の島片瀬旅館組合)

第4位 龍恋の鐘

-カップルにおすすめ。江ノ島デートで永遠の愛を誓い合う-

江島神社の奥津宮のそばにあるカップルにおすすめのスポットが、相模湾を望む高台「恋人の丘」にある「龍恋の鐘(りゅうれんのかね)」。

龍恋の鐘

龍恋の鐘


昔、悪行を重ねていた五つの頭を持つ龍が、島に現れた天女(弁天様)に恋をし、改心の末に結ばれたという江ノ島に伝わる『天女と五頭龍』のラブストーリーにちなむ名所。ここで鐘を鳴らした二人は決して別れないといわれています。

おびただしい数の南京錠

おびただしい数の南京錠


周囲のフェンスの、おびただしい数の南京錠は、けっして別れない(はずれない)ことを誓い合った愛の証です。

<DATA>
■龍恋の鐘
アクセス:徒歩の場合:江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩約30分 小田急電鉄「片瀬江ノ島駅」徒歩25分
遊覧船べんてん丸を利用した場合:江の島弁天橋より約15分
地図の右のほうです → イラストマップ(江の島片瀬旅館組合)