一日で十分楽しめる、鎌倉観光モデルコース

お寺や神社だけでなく、海、山、カフェなど様々な見所のある鎌倉。一日で鎌倉のいろいろな魅力を体験したいけれど、どうやってまわればいいか分からないという声をよくききます。

鎌倉のシンボル大仏様

鎌倉のシンボル大仏様


鎌倉は意外と広く、しかも市街地は交通渋滞が多いので、バスやタクシーだと、目的地に到着するまでに思ったよりも時間がかかってしまうことがあります。

そこで今回ご紹介するのが、鎌倉の人気観光名所や史跡7ヶ所を徒歩で一日でめぐることができる、「鎌倉観光のゴールデンコース」とも呼べるモデルコース。

コースの所要時間は、歩くペースや観光スポットの見学時間にもよりますが、お昼休憩の時間も含めて5~6時間くらいです。以下の順番でめぐります。

鶴岡八幡宮源氏山公園銭洗弁財天佐助稲荷神社大仏長谷観音鎌倉文学館

今回歩くコースは、下記の地図を見ながら歩くと分かりやすいです。
鎌倉ハイキングコース・観光名所 イラストマップ

鎌倉観光で必ず訪れたい、鶴岡八幡宮

鎌倉駅の東口改札を出たら、まずは、鎌倉観光に来たら必ず訪れたい神社、鶴岡八幡宮へ向かいましょう。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮へは、飲食店や土産物屋が並ぶ「小町通り」を歩くルートと、鎌倉市街を南北に貫くメインストリートである「若宮大路」を歩くルートがあり、どちらを歩いても10分ほど。今回は若宮大路を歩きます。

若宮大路は、平安京(京都)でいえば、朱雀大路にあたります。今に続く鎌倉の市街地の原型をつくったのは、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝(1147~1199年)ですが、京都生まれの頼朝は、鶴岡八幡宮を平安京の「内裏(だいり)」に、若宮大路を「朱雀大路」に見立てて鎌倉の街づくりを進めました。

鶴岡八幡宮の正式な参道である「段葛」。正面には鶴岡八幡宮の三の鳥居が見える

鶴岡八幡宮の正式な参道である「段葛」。正面には鶴岡八幡宮の三の鳥居が見える


ちなみに、若宮大路の中央には、一段高く盛り土された鶴岡八幡宮の正式な参道である「段葛(だんかずら)」があります。段葛の入口にあるのが「二の鳥居」。これは、海側から数えて2番目の鳥居という意味です。

段葛を歩いて行くと、「三の鳥居」に突き当たり、その向こうに広がるのが鶴岡八幡宮の境内です。

「三の鳥居」の向こうに、鶴岡八幡宮境内が広がる

「三の鳥居」の向こうに、鶴岡八幡宮境内が広がる


鶴岡八幡宮境内に入ると、まず参道の両側に源氏池と平家池が広がっています。池のほとりでは、正月には珍しい冬牡丹が花を咲かせ、春は桜と牡丹が咲き、夏には池一面がハスの花で一杯になります。
源氏池のほとりに咲く、桜と牡丹

源氏池のほとりに咲く、桜と牡丹


また、鶴岡八幡宮は神社という"祈り"の場であるとともに、鎌倉観光の中心でもあり、春の「鎌倉まつり」をはじめ、一年を通じて、様々な催しが行われます。

「鎌倉まつり」などで見られる「流鏑馬神事」(写真提供:鎌倉市観光協会)

「鎌倉まつり」などで見られる「流鏑馬神事」(写真提供:鎌倉市観光協会)


さらに境内奥へと進み、石段を上って本宮へ向かいましょう。ここで注意して見て欲しいのが、楼門にかけられている扁額の「八幡宮」の文字。「八」の文字をよく見ると、2羽の鳩の形をしていますね。

鶴岡八幡宮の楼門に掲げられた扁額。「八」の文字に注目

鶴岡八幡宮の楼門に掲げられた扁額。「八」の文字に注目


鳩は八幡神の使いとされ、鶴岡八幡宮の境内にもたくさんの鳩がいて、大切にされています。また、鎌倉を代表するお土産「鳩サブレー」も、八幡宮の鳩をモチーフにしたものです。

<DATA>
■鶴岡八幡宮
住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31
地図:交通案内(鶴岡八幡宮ホームページ)

頼朝の墓へも立ち寄ってみましょう

さて、鶴岡八幡宮の参拝を終え、もし、時間に余裕があるなら、頼朝の墓をお参りしましょう。鶴岡八幡宮の敷地の東側に隣接して、横浜国大の小中学校がありますが、さらにその東側の小高い丘の上に、「源頼朝の墓」と伝わる石塔があります。

「源頼朝の墓」と伝わる石塔

「源頼朝の墓」と伝わる石塔


<DATA>
■頼朝の墓
住所:鎌倉市西御門2丁目
参考:鎌倉紀行 大蔵幕府(頼朝屋敷)跡と源頼朝の墓
地図:MEMORVA