鎌倉の観光名所ベスト5とモデルコース

「鎌倉にはじめて行くので、おすすめの観光名所を教えて欲しい」、「修学旅行で鎌倉に行くので、どこを見れば良いか知りたい」というような、鎌倉初心者向けに、ガイドが選ぶ「はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5」をご案内します。

また、記事の最後では、ベスト5を効率よくまわる、モデルコースもご紹介します。


第1位 鎌倉大仏

鎌倉大仏(長谷の大仏様)

鎌倉大仏(長谷の大仏様)


1位はやはり、鎌倉のシンボル・大仏様。一般には「鎌倉大仏」と呼ばれていますが、大仏様のいらっしゃるお寺、高徳院(こうとくいん)が、鎌倉市の長谷にあるので「長谷の大仏様」と呼ばれることも。

鎌倉大仏が人気なのは、大きいだけでなく、そのお姿がとても美しいこともあると思います。明治時代に、大仏を訪れた歌人の与謝野晶子は、

かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼(しゃかむに)は 美男におはす 夏木立かな

という和歌を詠みました。大仏様、良く見ると、なかなかの「美男」ですよね。

ちなみに、鎌倉大仏は「国宝」。意外なことに、数ある鎌倉の仏像の中で国宝指定を受けているのは大仏様だけ。鎌倉はたびたび戦火に巻き込まれたため、多くの文化財が焼失してしまいました。その中で、何度か修復は受けてはいるものの、ほぼ建立当初の姿をとどめている大仏は、文化財として極めて高い価値を有しています。

朝靄の中にたたずむ大仏

朝靄の中にたたずむ大仏


大仏は、朝8時から拝観できるので、大仏から観光をスタートすれば、一日を長く、有効に活用することができます。

大仏の胎内

大仏の胎内


おすすめは、大仏の胎内拝観。大仏の内部は思いのほか狭いですが、昭和35年に行われた修復作業の際に、首回りを内側から強化プラスチックで補強した跡などを見学できますよ。

<DATA>
■高徳院(鎌倉大仏)
住所:鎌倉市長谷4-2-28
アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩7分
地図・拝観案内
胎内拝観は、拝観料とは別に胎内拝観料が必要