鎌倉の絶景と史跡の宝庫、衣張山ハイキングコース

南を海、それ以外の三方を山に囲まれた鎌倉にはいくつかのハイキングコースがあり、標高は最も高いところでも150m程度なので、手軽に山歩きを楽しめます。

鎌倉ハイキングコースの地図

中でも、絶景を楽しむなら、衣張山(きぬばりやま)ハイキングコースがおすすめです。
衣張山山頂からの眺望

衣張山山頂からの眺望


衣張山山頂のほか、鎌倉・逗子の街並みと海の絶景を楽しむことができる展望台『パノラマ台』、国指定史跡で”鎌倉らしい”景観として人気の高い『名越切通し(なごえのきりどおし)』など、見所がいっぱいあります。

しかし、衣張山ハイキングコースは分かれ道が多く、少々道が分かりづらいので、周辺の観光スポットも含めたモデルコースを、写真で道順を解説しながらご案内したいと思います。

今回歩くコースの地図は、こちらです。

衣張山ハイキングコース地図

鎌倉最古のお寺・杉本寺からスタート

衣張山は、複数の登山ルートがありますが、今回は鎌倉駅東口の5番バス乗り場からバスに乗り、「杉本観音」バス停で下車し、ここから歩きはじめます。

杉本寺(杉本観音)

杉本寺(杉本観音)


バス停のすぐそばにある『杉本寺(杉本観音)』は、奈良時代の西暦734年頃の創建と伝わり、数ある鎌倉のお寺の中でも、最も歴史が古いとされます。苔むした石段や茅葺き屋根の本堂など、いかにも山寺らしい風情をゆっくりと味わっていただきたいお寺です。

杉本寺本堂

杉本寺本堂


衣張山ハイキングコースの登山口へは、『杉本寺』の前にかかる『犬懸橋(いぬかけばし)』を渡り、しばらく住宅地の中を歩いて行きます。橋を渡った先には、「穴子丼」が有名なお店『左可井』さんがあります。

四つ角の「上杉邸址」の石碑

四つ角の「上杉邸址」の石碑


さらに少し歩くと、角に「上杉朝宗及氏憲邸址碑」と書かれた石碑の立つ四つ角に到着。ここは室町時代に、京都の将軍から関東の統治を任された「鎌倉公方(くぼう)」の足利氏に仕えた、上杉氏の屋敷があった場所。 鎌倉市内には、こういった武将の屋敷跡などの史跡が、そこかしこにあります。

四つ角を写真の奥のほうへ進んで行きましょう。

けっこう本格的な山歩きが楽しめます

住宅の間を歩いて行くことさらに5分、いよいよ山道のスタートです!

ハイキングコース入口

ハイキングコース入口


杉木立の中を歩いていると、沢の流れに小さな木の橋が架かっていたりして、気分は完全にアウトドアモード。

けっこう本格的な山歩き

けっこう本格的な山歩き


階段など、基本的によく整備されているので歩きやすいですが、雨後はぬかるみますし、一部、勾配が急な場所もあるので、滑りにくい靴やリュックなど、山歩きに適した服装が必要です。

夫婦の石像

夫婦の石像


登山開始から10分ほどで、大きな岩の下に、仲良さそうに寄り添う夫婦の石像が置かれたポイントに到着。この辺りで、ほぼ八合目くらい。頂上まで、あと一息です。

次のページでは、いよいよ絶景ポイントへ!