鎌倉らしい景観「切通し」とは?

南を海、北と東西の三方を山に囲まれ、"天然の要塞"ともいわれる鎌倉。源頼朝が鎌倉に幕府を開いたのは、鎌倉が「守るに易く、攻めるに難い」地形だったことが理由のひとつとされます。

海と山に囲まれた鎌倉の街。衣張山(きぬばりやま)山頂より撮影

海と山に囲まれた鎌倉の街。衣張山(きぬばりやま)山頂より撮影


しかし、その後、鎌倉が都市として発展するにつれ、人や物の往来が増えると、山を越えなければ鎌倉に入れないのが、とても不便になりました。そこで、鎌倉時代の中頃に、山の尾根の一部を切り開き、道路を整備しました。これが「切通し(きりどおし)」です。

鎌倉には代表的な切通しが7ヶ所あり、「鎌倉七口」または「鎌倉七切通し」と呼ばれています。

朝比奈(朝夷奈)切通し

朝比奈(朝夷奈)切通し


「鎌倉七口」のうち、昔の街道の面影が比較的よく残っているのが、三浦半島に通じる「名越(なごえ)切通し」と、朝比奈(朝夷奈)峠を越えて横浜の六浦(横浜市金沢区)の港に通じる「朝比奈(朝夷奈)切通し」の道。

今回は、「朝比奈切通し」を中心に整備された「朝比奈ハイキングコース(旧金沢街道)」を歩いて、自然と歴史に触れてみたいと思います。

朝比奈ハイキングコース地図

スタートは、「十二所神社」バス停

「朝比奈ハイキングコース」のスタートは、鎌倉市の東のはずれに位置する十二所(じゅうにそ)エリア。

鎌倉駅東口のバス5番乗り場から「鎌倉霊園正門前太刀洗」行き、または「金沢八景駅」行きバスに乗り、「十二所神社」バス停で下車します。

バス停を下りると、目の前に『鎌倉 峰本』というお店があります。本格的な懐石料理や蕎麦(そば)のほか、天丼、親子丼、それに鎌倉新名物「鎌倉丼」なども食べられるので、ぜひ、ランチに立ち寄ってみてください。

鎌倉新名物「鎌倉丼」は、海老を使った丼料理

鎌倉新名物「鎌倉丼」は、海老を使った丼料理


リピーター続出!鎌倉・江ノ島の絶品丼(どんぶり)3選

それでは、出発しましょう! 『峰本』さんの前の信号を渡ると、細い脇道がありますが、この道が朝比奈峠を越えて横浜の六浦(横浜市金沢区)の港に通じる「金沢街道」の旧道。ちなみに、バス通りは、「金沢街道」の新道になります。

信号(横断歩道)を渡った先から続く脇道が、朝比奈ハイキングコース(金沢街道旧道)の入口

信号(横断歩道)を渡った先から続く脇道が、朝比奈ハイキングコース(金沢街道旧道)の入口


鎌倉幕府は、金沢街道の整備にとても力を入れました。というのは、鎌倉の海は遠浅で、大きな船が入ることができなかったため、中国(唐)からの船も入港し、国内外の物資が集まる「六浦の港」に通じる「金沢街道」は経済的にとても重要だったからです。

ちなみに、「金沢街道」を行き交う物資の中で、生活に欠かせないものとして、特に重要視されたのが、塩でした。

光触寺境内の「塩嘗地蔵」

光触寺境内の「塩嘗地蔵」


「十二所神社」バス停の一つ手前の「十二所」バス停付近にある光触寺(こうそくじ)というお寺の境内にまつられているお地蔵さんは、「塩嘗(しおなめ)地蔵」と呼ばれています。

塩の産地でもあった六浦の塩売りが、朝比奈峠を越えて鎌倉に来ると塩をお供えし、仕事を終えて帰るときに立ち寄ってみると、ぜんぶ嘗(な)めてしまわれ無くなっていたという伝説が名前の由来になっています。

次のページでは、ハイキングコースを歩いて朝比奈峠を目指します!