鎌倉・江の島のお土産、何を買う?

鎌倉や江の島のお土産、皆さんはどんなものを買いますか? 湘南の人気者「江ノ電」をモチーフにした「江ノ電グッズ」ならば、子供から大人まで喜んでいただけるのではないでしょうか。
鎌倉・江の島のお土産は、江ノ電グッズで決まり!

鎌倉・江の島のお土産は、江ノ電グッズで決まり!


雑貨やお菓子など、鎌倉駅・江ノ島駅周辺で買える「江ノ電」をモチーフにしたお土産をご紹介します。

江ノ電とは、どんな電車?

江ノ電をご存じない方もいるかもしれないので、簡単に紹介します。
腰越駅と江ノ島駅の間の路面電車区間を走る江ノ電

腰越駅と江ノ島駅の間の路面電車区間を走る江ノ電


江ノ電は、鎌倉駅からJRや小田急電鉄の乗り入れる藤沢駅の間、約10キロを35分で結ぶ電車。観光はもとより、地元の人の足としても大いに活躍しています。開業は明治35(1902)年で、100年以上の歴史を持ちます。

途中、海辺を走るなど、その風光明媚な沿線のロケーションや、保有する多彩な車両などで、湘南の人気者になっている江ノ電。沿線は、たびたび、映画やドラマの撮影にも使われています。

江ノ電グッズは、「ことのいち鎌倉」で!

江ノ電をモチーフにした雑貨やお菓子など、江ノ電グッズを手に入れるなら、おすすめは江ノ電「鎌倉駅」構内の駅ナカショップ「ことのいち鎌倉」。

2013年3月、30年の歴史をもつ「江ノ電 鎌倉名店街」が、「ことのいち鎌倉」としてリニューアルオープンしました。リニューアルにあたり、電車を降りたお客様が買い物しやすいよう、駅のコンコースから入りやすく、商品を選びやすい店舗設計にしたそうです。
ことのいち鎌倉

ことのいち鎌倉


沿線に大仏や長谷観音のある長谷や、江ノ島などの観光地を抱える江ノ電は、エキナカショップの売上の約8割が観光客。

「鳩サブレー」や「鎌倉ハム」などの定番商品はもちろん、「フィシャーマンズワーフ湘南」の海産物、人気の江ノ電グッズなど、バラエティ豊かな鎌倉のお土産が売られています。手ぶらで観光した後、帰りがけに駅でお土産をまとめ買いできるのも、観光客にとっては便利でうれしいですね。

さて、「ことのいち鎌倉」では、どのような江ノ電グッズを手に入れることができるのでしょうか。ちょっと見てみましょう。
江ノ電缶

江ノ電缶


まず、値段が1000円(【税込み・以下同】)と手頃で、江ノ電に乗車した記念にも最適だと思うのが、リアルに近い江ノ電が缶にデザインされ、中には瓦焼きせんべいが入った「江ノ電缶」。

また、「江ノ電プラレール」は、根強い人気を誇り、1000形(2376円)、500形(2592円)、300形(2600円)が販売されています。

このほか、電車のドアが開閉でき、ボタンを押すと発車時の音や構内放送が流れる「サウンドトレイン(4298円)」や、きんちゃく(550円)、小銭入れ(350円)など、バラエティー豊かな江ノ電グッズが取りそろえられています。

<DATA>
■「ことのいち鎌倉」内 江ノ電グッズショップ
住所:江ノ島電鉄鎌倉駅構内
TEL:0467-22-2223(江ノ電商事株式会社事務所)
営業時間:10:00~19:00 セブンイレブンのみ7:00~20:00
定休日:1月、2月、7月、9月の第三水曜
アクセス:江ノ島電鉄鎌倉駅下車、ホームから直結
「ことのいち鎌倉」(江ノ電ホームページ)
※ご利用には、駅構内となりますので、乗車券または入場券が必要です。