今年も台風シーズンになりました。私がちょうど沖縄に滞在している時には特別警報がいくつも出されました。子供達と一緒に河川と海にとても近い場所に泊まっていましたので、2日間は安全な場所に避難しました。台風が最接近する前日には、スーパーの列にならんで買い物をしましたが、停電や断水を考えて2日分の水と食料を調達していました。

台風

大きい台風でした。

今回は「避難」というよりも、自宅での断水や停電などを意識した台風向けの非常食を2日分考えてみました。保存食について、みんなで学べる簡単説明付きです。

*救助待ちやインフラ不備向けの生命をつなぐ非常食はこちらをご覧下さい。

1日目の朝食

  • パン
  • 豆乳や牛乳(常温保存できるもの)
  • チーズ(棒チーズ、ストリングチーズなど)
  • バナナ
  • インスタントコーヒー、紅茶
私の場合は、日頃子供達に買ってあげないような菓子パンやお惣菜パンを買いました。台風で避難中はコーヒーメーカーが使えなかったので、インスタントコーヒーが重宝しました。一日中ずっと屋内で本を読んだりして過ごしたので、もっと紅茶やハーブティーなどを揃えておけばよかった…と感じています。

【保存食のうんちく】「なぜ牛乳は常温でも大丈夫なの?」
要冷蔵と常温保存の牛乳の栄養は変わらないそうです。要冷蔵の場合は120~130度で殺菌するそうです。常温保存に場合は130~150度で殺菌し、清浄エアーを送り込み、無菌状態にして光と空気を遮断する容器に入れるので長期保存ができるそうです。

【保存食のうんちく】「昔、チーズは保存食だった?」
今やチーズと言えば、冷蔵庫に入っているものというイメージですが、大昔はチーズは保存食でした。保存が効くことから、多くの国でかなり昔から食べられてきましたが、保存するためにかなり塩辛かったり、とても酸味が強かったりしたそうです。

1日目の昼食

    ラーメン

    インスタントラーメンはやっぱり便利

  • インスタントラーメン又はうどん
  • 水菜又はサラダほうれん草
  • 温泉卵
ラーメンやうどんには青野菜が合うと思います。お湯を注いで蓋をする前に、麺の下に水菜かサラダほうれん草を入れてください。麺ができあがったら蓋を開けて温泉卵を入れます。野菜や卵を入れて、全体のバランスをよくしたいところです。

【保存食のうんちく】「インスタントラーメンって誰が作ったの?」
安藤百福氏が48歳の時、いくつもの苦境を乗り越えて1958年に世界に先駆けてインスタントラーメンを発売したそうです。食料が不足する時代に、食に関する深い思いもあったようです。自由な発想と創造性、年齢に関係なく挑戦を続けることの大切さを教えてくれます。 

1日目の夜

    ご飯

    すぐ食べれて便利です。

  • パックご飯
  • 真空パックのお肉(鶏肉の炭火焼など)
  • 市販のサラダミックスとドレッシング、又は野菜ジュース
「非常食や登山食としてお肉が食べたいけど、見つからない」と思っている人も割といるのではないでしょうか? 普通のスーパーではなかなか見つからないかもしれません。私は宮崎県出身なので少し宣伝しちゃいますが、「宮崎の地鶏」などは常温で保存できるものもありますので、試されてはいかがでしょうか。

宮崎空港ネットショップ:みやざき地頭鶏炭火焼

【保存食のうんちく】「真空パックって何?」 
密閉した容器から空気を抜き、内部を真空状態にしたものです。食品を120度以上で4分間加熱したものは常温で、そうでない物は10度以下で冷蔵することが、食中毒を防ぐために大変重要なようです。

2日目の朝食

  • 朝食シリアル
  • 豆乳か牛乳(常温で保存できるもの)
  • 皮がむきやすい果物、又は缶詰のフルーツ
【保存食のうんちく】「朝食シリアルって誰がつくったの?」
 様々な健康法を提唱したケロッグ氏が、1898年に健康的な食べ物を作ろうとしていた時に偶然できたのがコーンフレークだと言われています。今となってはアメリカでは朝食の代名詞になっているシリアルも、偶然の発見だったようです。前述のインスタントラーメンにしても、朝食シリアルにしても、個人のひらめきや発見が世界中に浸透するって凄いですね。

2日目の昼食

  • ポークランチョンミートのサンドイッチ(ランチョンミートを切ったもの、サンドイッチに使えるパン、カットレタス、そのお好みの野菜)
  • 野菜ジュース
沖縄でよく使われているランチョンミートで、沖縄では「ポーク」と呼ばれています。全国的には商品名でスパムと呼ばれることも多いようです。ちょうど前回の台風の時に沖縄にいたこともあって、このメニューを選びました。野菜炒め、おにぎり、サンドイッチなどにも使われます。スーパーやオンラインで入手できます。

沖縄わしたショップオンライン:ランチョンミート

【保存食のうんちく】「缶詰が発明されたのはいつ?」
フランス革命で知られるナポレオンが、兵士のために塩蔵・薫製・酢漬け以外の新鮮で美味しい長期貯蔵方法の研究を要求し、1804年にニコラ・アペールがガラス瓶の中に食物を入れ密封して加熱殺菌して保存する方法を発明したことが、缶詰の発見につながったそうです。


2日目の夕食

    台風

    キレイな海も台風直後はこのようになりました。

  • アルファ米
  • レトルトカレー(できるだけ具沢山)
  • ミニトマト

【保存食のうんちく】「アルファ米って何?」

アルファ化米ともいわれる乾燥米飯です。お米を調理してふんわりしている状態で水分を除くとアルファ米ができるそうです。軽くて長持ちし、水かお湯を加えるだけで簡単に調理できます。1944年に軍から炊かずに食べれるご飯の開発要求があり、製品化に成功したそうです。

【保存食のうんちく】「レトルト食品っていつできたの?」
 レトルト食品の開発は1950年頃、アメリカの陸軍からスタートしました。一般に知られるようになったのは、1969年に打ち上げられた月面探査船アポロ11号でレトルト食品が食べられてからだそうです。日本ではその同じ年に、世界に先駆けて一般向けのレトルトカレーの発売が開始されました。

【保存食のうんちく】「レトルト食品と真空パックの違いは何?」
レトルト食品は密封高温加熱に対応できる煮込み系のメニューが多いようで、120度で4分相当以上の加熱をするそうです。レトルト食品は必ず加熱加圧殺菌をし、光と空気を通さない包装にいれるため、長期常温保存が可能なようでうす。一方で真空パックは空気は抜いていますが、商品によって殺菌の程度や包装に差があるため、商品に記載されている保存方法に従う必要があるようです。


■参考にしたリンク
日本乳業協会:ロングライフミルク
http://www.nyukyou.jp/dairy/milk/milk08.html

インスタントラーメン発明記念館
http://www.instantramen-museum.jp/index.html

真空パックhttp://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/dl/leaflet_241105_02.pdf

ケロッグ社
http://www.kelloggs.com/en_US/our-history.html

日本缶詰協会
http://www.seikan-kyoukai.jp/history

レトルト食品Q&A
http://www.jsf-nicho.co.jp/qanda/index.html

日本缶詰びん詰レトルト食品協会
http://www.retortfood.jp/about/history.html

アルファ化米
http://www.onisifoods.co.jp/about/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項