中性脂肪・コレステロール値を抑える献立レシピ

メタボリック症候群対策 第3弾レシピとして、中性脂肪・コレステロール値を抑える献立をご紹介します。メタボリック症候群は脂質異常という概念から、過剰な中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少が判断基準となります。中性脂肪が多いと動脈硬化や脳梗塞になる危険が高くなるので早めに食生活の改善など生活習慣を見直していきましょう。


食物繊維を意識して

写真

食物繊維はいいことづくし!

海藻やきのこ、野菜、大豆などに含まれる水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制することで、血中コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。水溶性食物繊維は腸に分泌された胆汁酸をとりこんで便と一緒に体の外に排出されます。そのつど血液中のコレステロールを原料にして新しい胆汁酸が作られるので結果、コレステロール値が下がる仕組みになります。

 



不飽和脂肪酸がおすすめ!

写真

青魚を積極的に

青魚では、いわしやさば、さんまなどの青魚には体内の中性脂肪を減らし、コレステロールを下げる作用があるEPAやDHAが豊富に含まれています。EPAやDHAは酸化しやすいので、ビタミンCや食物繊維など酸化を抑制する働きのある栄養素を同時に摂取することが効果的です。またオリーブオイルに含まれるオレイン酸には動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロールを保持する性質があります。

 



お肉は赤身部分を選んで

写真

ラム肉もおすすめ

羊肉や牛肉の赤身部分に多く含まれるL-カルニチンという成分は、体内の脂肪を効率良く燃やす働きがあります。メタボリック症候群と診断された方は肉類の摂取は敬遠しがちですが、赤身の肉にはたんぱく質が豊富です。たんぱく質は脂肪になりにくく、筋肉や血液の重要な構成成分となります。肉類は脂が少ない部位を選定して適量を摂取してみましょう。

 



血行を良くする工夫を

写真

涼味をさらに引き立てます

たまねぎ、ニンニク、ねぎ、生姜などの香味野菜にはコレステロールや中性脂肪を抑える酵素が含まれており、血液の流れを良くする効果もあります。また香味野菜をとりいれることで、料理が薄味でも食材の歯触りや香りが味覚を満足させ、美味しく食べることができます。唐辛子も血行を良くし脂肪を燃焼させるのに効果的な食材です。ピリっとした辛みが料理のアクセントとなり少量でも満足感を得ることができます。 

 

 

ビタミンB2をとりいれて

写真

レバーや乳製品にも含まれています

ビタミンB2はエネルギー代謝や脂肪が燃焼する時に多く消費されます。動脈硬化の原因の一つである過酸化脂質を分解する働きがありメタボリック症候群の予防にはかかせないビタミンです。卵や乳製品、レバー、きのこ類などに多く含まれています。 ただしエネルギーや脂質の高い食材もありますので、摂取する際は適量を心がけましょう。

 


それでは、これらの食材を使った中性脂肪・コレステロール値を抑える献立レシピをご紹介します>>