美肌の大敵!乾燥を防ぐ献立レシピ

外吹く風も冷たく感じる日が続くようになりました。冬になると急激に湿度が低下し肌が乾燥します。肌にうるおいを与え、手足の角質をカサカサにさせないようにすることが美肌の基本です。日頃の食事からも、適した栄養を十分にとることで肌をケアすることができます。


健やかな肌を作る種々のビタミン

写真

様々な食材をまんべんなく

レバーやうなぎ、緑黄色野菜などに含まれるビタミンAには皮膚や粘膜の潤いを維持し、肌の新陳代謝を促す働きがあります。不足すると皮膚の細胞がダメージを受けやすくなり、皮膚がカサカサになってきます。卵、肉、魚、海藻類に多く含まれるビタミンB2は健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護する作用があります。



 

ビタミンCとビタミンEの相乗効果

写真

ビタミンの相乗効果を日々の食事に

ナッツ、魚介類、野菜に多く含まれるビタミンEには血液の循環を促進し皮膚の新陳代謝を高める効果があります。また淡色野菜や果物に多く含まれるビタミンCには肌を健やかに保つコラーゲンの生成を助ける働きがあり、肌のハリやキメを整えてくれます。ビタミンCとビタミンEは一緒に体内に取り込むことによって相乗効果を発揮します。ビタミンCは、1度効力を発揮したビタミンEに再び効力を蘇らせることができます。

 


セラミドの効果を取り入れて

写真

きめ細かい肌を作りましょう

セラミドとは皮膚の角質に存在する脂質のことで、外部の刺激から皮膚を守り、角質の水分を保持する働きを持っています。セラミドを含んだ化粧品が最近増えてきましたが、こんにゃく、穀類、乳製品にも多く含まれています。食事からもセラミドを取り入れてみましょう。

 


亜鉛は肌の細胞分裂に関与

写真

動物性食品に多く含まれています

亜鉛は肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのに必要な栄養素です。亜鉛が体内に不足すると皮膚炎や湿疹などを引き起こしやすくなります。亜鉛は、カキやレバー、牛肉、卵、チーズなどに多く含まれています。肌をいつまでもみずみずしく保てるよう積極的に摂取するようにしましょう。

 



それでは、これらの食材を活かした、肌の乾燥を防ぐ献立レシピをご紹介します>>