子供の成長を助ける献立レシピのポイント

新学期が始まり、お子様の成長を感じるこの時期。身体の発育も気になるところです。身体の成長を助けるのに必要な栄養素はカルシウム、たんぱく質、亜鉛、マグネシウムなどが挙げられます。また脳の活性化を図るにはDHAやEPAをとりこむことがおすすめです。今回は子供の成長を助ける献立レシピをご紹介します。日々の献立に手軽に組み込める簡単な料理ばかりです。味付けは優しく飽きのこないように仕上げました。お母様の手作りの食事でお子様の成長をサポートしていきましょう。


亜鉛の力で身長を伸ばす

写真

亜鉛は魚介類に多く含まれている

身長を伸ばすのに欠かせない栄養素の一つが亜鉛です。亜鉛は、成長ホルモンなどの源になるたんぱく質や、遺伝子を作る酵素に含まれており、骨の発達にも直接関わっています。 海藻類、牡蠣やしじみなどの貝類、種実類、鶏ささみ等に多く含まれています。

 



カルシウムとマグネシウムは必須

写真

ココアは栄養満点!

骨の形成の土台となるのがたんぱく質です。その上にカルシウムやリンがくっつくことにより丈夫な骨となります。マグネシウムは骨の健康を維持する働きがあります。マグネシウムは、カルシウムと1:2の割合で働くミネラルですので、一緒にとりこむことが効果的です。今回飲み物として紹介するココアはこの2つのミネラルを十分に含有しています。

 


人間の細胞はたんぱく質からできています

写真

たんぱく質は身体の形成にかかせない

人間の身体は約60兆個もの細胞から成り立っていますが、その細胞、また皮膚や血液、酵素、骨、筋肉はたんぱく質からできています。植物性、動物性の両方からたんぱく質を積極的にとりこんでいきましょう。

 


脳の活性化には適正な脂肪酸を

写真

いわしは小骨も頂きたいです

昨今、健康な脳をつくるのにはオメガ3系脂肪酸(DHAやEPAなど)が有効な成分だと言われています。これは人間の体内で作ることができず、まぐろ、いわしなどの青魚、大豆製品や種実類などに多く含まれているので積極的にとりこんでいきましょう。

 



それでは、これらの食材を使った子供の成長を助ける献立レシピをご紹介します>>