まるで屋根裏に宿泊!? かわいらしい木造ホテル

シングルルーム

デラックスルーム。部屋にはテレビ、ベット、ミニバーなどが揃う。装飾は部屋ごとに異なり、どの部屋もお洒落な北欧インテリアとなっている Photo: Asaki Abumi

バスルーム

日本人には嬉しいバスタブ付きのバスルーム Photo: Asaki Abumi

木造建築なので、ホテル内のフローリングも全て木材。各部屋も、歴史を感じさせるカントリー風の木造家具に、北欧カラーのテキスタイルが見事に融合されています。全ての部屋の室内デザインと部屋の広さは異なります。壁の木材などは昔からの状態可能な限り維持されており、そこはまるで屋根裏に宿泊しているかのよう。

バスルームは部屋によっても異なりますが、バスタブとシャワー室が両方付いている部屋もあります。ヨーロッパならでは猫足のバスタブも嬉しいですね。アメニティグッズ(石鹸、シャンプー、かみそり、めん棒、コットン、ボディローション、歯ブラシなど)とタオルも完備。

 

北欧風オープンサンドイッチ「スモーブロー」を食べる朝食ブッフェ

レストラン

カラフルな家具で彩られたレストラン Photo: Asaki Abumi

朝食ブッフェ

朝食ブッフェ Photo: Asaki Abumi

1階にはレストラン&カフェ&バーがあり、朝食ブッフェには北欧らしい海産物を中心とした食材が揃います。穀物たっぷりのノルウェーのパンに、ノルウェーサーモン、ニシンの酢漬け、甘エビなどをたっぷり載せて食べてみましょう。北欧では、パンの上に食材をのせたオープンサンドイッチを「スモーブロー」と呼び、食卓では定番のメニューです。

<DATA>
Det Hanseatiske Hotel(デ・ハンゼアティスケ・ホテル)
住所:Finnegaarden
TEL:55 30 48 00
エリア:中心地
アクセス:ベルゲン中央駅、大通りのトルグアルメニンゲン通り(Torgallmenningen)や魚市場から、ブリッゲンに向かって歩き、ブリッゲン地区が始まる一番最初のエリア。ベルゲンは観光スポット間の距離が短い街なので、中心地の移動は交通機関は使わずに徒歩でアクセス可能。ハンザ博物館の隣に並ぶ、緑色と赤茶色の木造の建物が目印
料金(朝食含む):冬季999ノルウェークローネ~、夏季1790ノルウェークローネ~
客室数:37
その他:無料Wi-Fiあり(ログイン用のパスワードが書いた紙が受付でもらえます)

■ベルゲン関連記事 ※1ノルウェークローネは2014年4月現在、約17.1円。おおむね17円前後で推移。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。