バランスボールがゆがみを整え美姿勢を作る

バランスボール

バランスボールは美姿勢を作る

美姿勢のカギは体幹にあり。エクササイズ習慣がない方が、体幹を鍛えるエクササイズを行うと、正しいフォームで行う事が出来ず、体を痛めることもあります。

そこで、正しいフォームで、しかも簡単にできるバランスボールを活用したエクササイズをお勧めします。まずは座るだけ。基本の姿勢からスタートです。

 

バランスボールエクササイズその1
基本の座り方

エクササイズの始まりは、バランスボールに座ることからスタート。基本の座り方をマスターしましょう。不安定なボールに座るだけで、普段使わない筋肉を鍛えるだけではなく、背骨・骨盤のゆがみの改善につながります。

基本のエクササイズ

背筋を伸ばして座ります

(方法)バランスボールに座ります。

脚を腰幅に開き、膝と爪先が同一方向になるようにします。写真のように、ボールの横を手で支えるとボールが動かず安定します。慣れてきたら、ボールに添えている手を離して10秒キープします。

ボールの上で無理なく座る事が出来るようになったら、次はボールの上で体を動かしてみましょう。

 
骨盤を左右に

骨盤を左右に動かします

(応用)左の写真のように骨盤を左右にゆっくりと動かします。手をボールの横に添え安定させ、次第に、手をボールから離します。骨盤の左右の動きが出来るようになったら、骨盤を前後に動かします。左右・前後10回程度行います。

バランスボールの上で骨盤を動かす際に、上半身を真っ直ぐにキープするように、腹筋に力を入れると、バランスが取れ、ボールの上で安定して動く事が出来ます。

 

次のページでは、ボールの上で上半身を動かすエクササイズを御紹介します。