お刺身を使った時短献立

かつおのエスニック風カルパッチョ定食

切って並べるだけのお刺身を使えば、帰宅後30分での一汁三菜も簡単

「日本人が魚を食べなくなった」というニュースをしばしば耳にします。その理由には、魚料理には「面倒くさい」「時間がかかりそう」というイメージがあるように思います。でも、その点、お刺身なら、調理は簡単。買ってきて、そのままお皿に並べるだけで食べられます。柵で買ったとしても切るだけ。忙しいときにこそ使いたい食材です。

そこで今回は、旬を迎えるかつおのお刺身を主菜とした一汁三菜をご紹介します。野菜たっぷりの副菜2品を添えても、夕方30分以内に余裕をもって完成できる段取りを紹介します。

■レシピはこちら!

かつおのエスニック風カルパッチョ
春キャベツの温野菜サラダ
ニラと油揚げの酢醤油和え
のりたまレンチンスープ

かつおのエスニック風カルパッチョ定食の段取り

かつおのエスニック風カルパッチョ定食の段取り

かつおのエスニック風カルパッチョ定食の段取り

夕方30分でできる一汁三菜の段取りです。

まず「かつおのエスニック風カルパッチョ」「春キャベツの温野菜サラダ」「ニラと油揚げのピリ辛酢醤油和え」に使う食材を切ってしまいます。

続いて「ニラと油揚げの酢醤油和え」に必要なお湯を鍋でわかし、その間に「かつおのエスニック風カルパッチョ」のたれを用意します。お湯が沸いたら、ニラと油揚げをさっと茹でておき、そのあとで「春キャベツの温野菜サラダ」を作ります。

手が空いたら「のりたまレンチンスープ」を電子レンジにかけつつ、すべての料理を盛りつけていきます。

次のページではかつおのエスニック風カルパッチョ定食の献立と、かかった費用を紹介します>>