フィヨルド地帯

ノルウェーのフィヨルド

世界遺産に登録されているガイランゲルフィヨルドでカヌーを楽しむ旅行者 Fredrik Schenholm - Visitnorway.com/Innovation Norway

世界中から多くの観光客を魅了し続ける大自然の産物「フィヨルド」。フィヨルドとは、氷河に侵食されたU字型の谷間に海水が入り込んだ入り江です。ノルウェー西部各地に点在しているフィヨルドですが、その中でも最も美しいとされているのが「5大フィヨルド」とされるノールフィヨルド、ガイランゲルフィヨルド、ソグネフィヨルド、ハダンゲルフィヨルド、リーセフィヨルド。その中でもガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルドは2005年にユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されました。

フィヨルド観光の拠点

オーレスン

アールヌーヴォー様式の美しいオーレスンの町並み Terje Borud - Visitnorway.com/Innovation Norway

フィヨルドへたどり着くまでの拠点の町は、ベルゲンのほかに下記2箇所が有名です。なごやかな空気が流れる美しい町並みは必見です。

■オーレスン
南西部に位置するオーレスンはガイランゲルフィヨルド観光の拠点地です。大火災の後に町が復興された際に、アールヌーヴォー様式の建物が建てられました。

■スタヴァンゲル
南部に位置するスタヴァンゲルはリーセフィヨルド観光の拠点地。カラフルな木造建築物が多い港町です。

中部

ロロス

町全体が世界遺産に登録されているロロス Thomas Rasmus Skaug - visitnorway.com/Innovation Norway

中部は旅行日程に余裕がある時におすすめです。各町は小さいので観光には1日あれば十分でしょう。

■トロンハイム
中部に位置し、ノルウェーの第3の規模の町であるトロンハイム(トロンへイム)。ノルウェー最初の首都でもありました。必見は見事な存在感を放つニーダロス大聖堂 です。

■ロロス
世界遺産の鉱山の町として知られるロロス。美しい町並みや冬のクリスマスマーケットが有名です。日本でも人気がある温かい羊毛のブランケットブランドである「ロロス・ツイード」の生産地でもあります。

北部/北極圏

オーロラ

冬空で踊るオーロラ Gaute Bruvik - Visitnorway.com/Innovation Norway

ノルウェー北部、オーロラが観測できる北極圏には観光都市として有名な町がいくつかあります。オーロラ、白夜、極夜、真夜中の太陽の観測のほかに、冬のアクティビティである犬ぞりやスノーモービル、先住民族サーメ人やトナカイとの交流など、雪国ならではの体験が可能です。

北部には、北極圏最大の町であり、「北欧のパリ」とも呼ばれるトロムソ、ヨーロッパ最北端の岬ノールカップ、「世界で最も美しい場所のひとつ」といわれるロフォーテン諸島、ユネスコの世界遺産である岩絵/ロックアートがあるアルタなど、魅力満載の小さな町が点在しています。

オーロラ観測と北部の観光都市について
こちらの記事も参考に「ノルウェーの世界遺産」

参照:スカンジナビア政府観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。