就活がつらい……就職活動は、最後の「自立の苦しみ」

子供の就活がつらい、心配、ストレス…親の役割・できること

慣れない自己分析や自己PR、不採用通知を受けった時のショックなど、就活は子どもにとって大きな試練です

「子どもは人生で3度、自立の苦しみを経験する」と言われます。最初の自立は「魔の2歳児」と呼ばれる第一反抗期。2回目の自立は「思春期」と呼ばれる第二反抗期。そして 3回目の自立が、就職活動期です。親の経済支援から卒業し、自分の力で生きるための準備する最後の自立期。これは、親子双方にとって最も大きな試練となります。

就活を通じて、子は「自分は何者か?」「社会でどう自分を生かせるのか?」というアイデンティティに直面させられます。そして、組織における価値を問われます。相手の基準で値踏みをされ、内定が取れない状況が続くと、自信を喪失してしまうものです。
 

何気ない言葉で傷つくことも…就活中の親の姿勢とは

子供の就活がつらい、心配、ストレス…親の役割・できること

子を思えばこそ、余計な一言がつい口をついてしまう。そうならないように気をつけましょう

この就活期に、親は何気ない言葉で子の心を傷つけてしまいがちです。なかなか就職が決まらない、そもそも就活に後ろ向き……。このような場合には、つい次のような言葉をかけてしまうことがあるようです。
  • 「もっと貪欲にアタックしていきなさい!」
  • 「学生らしく、もっとハツラツとしたら?」
  • 「お父さんは、今の時期にはもう何社も決まってたぞ」
  • 「同級生の○○くんは、もう決まったみたいね」
  • 「いつまでも親に甘えられると思ったら、大間違いだよ」
  • 「そこしか受からなかったの?」
何気なく口をついた言葉なのかもしれませんが、子どもは深く傷つきます。図星だから、傷つくのです。では、このデリケートな就活期に、親はどのような姿勢で子に接したらいいのでしょうか。ここでは4つのポイントをお伝えします。
 

1.不安をドンと受け止める

就活期の子の心を理解するには、過去2回の自立期(第一反抗期、第二反抗期)の子どもの様子を思い出しましょう。親が一方的に意見をしても、こうした時期の子は反発するだけだったのではないでしょうか。そして逆に、子どもの不安を親がドンと受け止めたときには、子は心を開いてくれたのではないでしょうか。就活期も同じです。

就活期の心情を、子は打ち明けにくいものです。そこで、会話の呼び水となる一言を親の方からかけてあげることをお勧めします。「元気がないね。よかったら話を聞かせてくれない?」「疲れてるみたいね。ちょっと話そうか」――こんな言葉をきっかけに、まずは気持ちを引き出します。
 

2.状況と気持ちをまるごと聞き、苦労をねぎらう

1で会話のチャンスをつかんだら、話をまるごと、否定せずに聞きましょう。就活が難航してくると、親の気持ちにあせりが生じるため、親の価値観を一方的に伝えてしまいがちになります。しかし、その価値観は脇に置き、まずは子の話を聞きましょう。これが悩む人の話を聞く基本です。

話が一段落したら、「よく話してくれたね」「大変だったね」と、これまでの苦労をねぎらいます。話そうとしないなら、無理に聞きださないこと。「その気になったら、いつでも話してね」「力になれると思うから、今度気持ちを聞かせてね」――こんなメッセージを残しておくと、子は話しやすくなります。
 

3.親の”ひいき目”で「強み」や「売り」を発掘する

子供の就活がつらい、心配、ストレス…親の役割・できること

「強み」や「売り」は自分一人では見出しにくいもの

親だからこそできるアドバイスは、必ずあります。特に「強み」や「売り」は、子を”ひいき目”で見ている親だからこそ、発掘できるポイントです。

「何の取り柄もない」という子にこそ、良いところをたくさん指摘してみてください。たとえば「俺は暗い」「私はトロい」などと自己卑下する子もいます。そうした子を親の”ひいき目”で見れば、「なんて謙虚なんだ」「自慢屋よりよっぽどいい。誠実な証拠だ」などと感じるのではないでしょうか。

このように、物事の見方を変えることを、心理学では「リフレーミング」といいます。ぜひ就職活動期の子にも、このリフレーミングを使って「弱点」を「強み」や「売り」に変えてあげましょう。そうして生まれた言葉を、シャワーのようにかけてあげてください。
 

4.「家庭内圧迫面接」は絶対にNG!

同じような相談でも、親の応答一つで180度受け止め方が変わるものです。したがって、家庭内で「圧迫面接」をしても、百害あって一利なしです!

たとえば、就活の準備が遅くなり、あせっている子に、「今まで何をやってきたの!?」と追及ししてもメリットはありません。むしろ、「これからが就活の本番だよ。今からだってたくさんできることがある。一緒に考えてみようか」というように希望を示し、一緒に歩む姿勢を示してあげることです。

また、履歴書の文が稚拙だと感じても、絶対に悪く批評しないようにしましょう。「ここをもっと詳しく書くと、面接官は興味持ってくれると思うよ」というように、何をどう書くと読み手の心に響くのか、具体的に示してあげましょう。

自己PRを3つ言ってみて」などと、いきなり面接官風に質問するのもやめましょう。 誰でもはじめは、自分の自己PRポイントなど分からないものです。「あなたにはこんないいところがある。それを面接で伝えてみてはどうかな?」などと指摘し、自己PRにつながるエピソードを一緒に掘り起こし、それを伝えられるように練習させてあげると、子どもの力になれると思います。
 

就活中の「心のサポート」こそ、親がいちばんしてあげられること

子供の就活がつらい、心配、ストレス…親の役割・できること

親のさりげない支えが子どもの勇気の源になる

批判的な言葉でプレッシャーをかけたり、一緒になって不安になったりするのはよくありません。かといって、「もう大人だから、自分で考えてやるだろう」と放置しているだけでは、なかなか内定に結びつかないでしょう。

もちろん、本来の就活は親に頼らず、就活支援を活用しながら自力で挑むものです。しかし、そういうものだと思い込んでしまうと、器用な学生に先を越され、不器用な子は不利になりがちです。就活支援が合わない子や上手に活用できない子もいるでしょう。

就活の苦しみを1人で抱えるのは、つらいものです。そうした子にとって、最後の「自立の苦しみ」となるこの試練に付き合うことは、親だからこそできる作業です。アスリートにコーチが必要なように、就活に挑む子にも気持ちを受け止め、自信を持たせてくれる存在が必要です。親がその役割を担ってもよいのです。

子の就活は、親にとっては「子育ての集大成」とも言える大事業。自立の最終章で子が自信を持って「社会」という大空に飛び立てるよう、親は子の心にしっかり寄り添い、頼れる相談相手になってみませんか?

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項