ビストロの定番料理が揃うメニューリスト

オニグラ

昼はコース、夜はアラカルト。上写真は夜のメニューからの「オニオングラタンスープ」。

ランチは現在、1800円のコースのみ。ディナーはアラカルトとなっており、パテ・ド・カンパーニュやオニオングラタンスープ、赤ワイン煮込み等々、定番のビストロ料理が揃っています。

今回はランチコースを中心に夜のメニューも一品合わせて御紹介していきます。


・パテ ド カンパーニュ
パテ ド カンパーニュ

500円でパテ ド カンパーニュも追加できます

ビストロ料理と言えばやはり定番の「パテ ド カンパーニュ」。ランチコースに+500円で追加することができます。シェフ自らが大原まで仕入れに行かれる大原の野菜を使ったピクルスに、赤ワイン風味のマスタードが添えられており、ワインがすすむ一品となっています。盛り付けもカワイイですね。


・前菜サラダ
前菜サラダ

前菜サラダ

前菜のサラダもボリューミーで食べ応えあります。ドレッシングも円やかな酸味で、隅々まできちんと絡まっているのが嬉しい。


・スープ
スープ

スープ

スープは「人参のポタージュ」! クルトン、ネギ、フライドオニオン入りで、人参の自然な甘味が染み渡るような優しい味わいでした。


・メイン料理
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

メイン料理は2種類から選べます。この料理は「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」。白菜とジャガイモが添えられたホホ肉は、薫り高く、実に柔らかに仕上げられおり、ボリューミー。味付けも濃すぎずに上品なテイストです。


・デザート
デザート

デザート

デザートはチョコレートのロールケーキが登場。ランチ後は18時までデザートセットのティータイムをされているだけあり、デザートも秀逸! ロールケーキのテクスチャもしっとりふんわりと丁寧に仕上げられてありますし、リンゴのコンポートもさっぱりとした酸味でチョコレートを引き立ててます。


日常使いできるビストロの新店

カフェ

食後のカフェ

観光客の多いエリアからは少し離れていますが、それが却って好都合。フレンチをリーズナブルな価格で肩肘張らずに食べられるなら、ビストロ料理を愛するグルマン達が匂いを嗅ぎつけて、何処からともなく集まってくることでしょう。夜はひとり食べでも大丈夫なようにハーフポーションも用意されているという、きめ細やかな心遣いも嬉しいですね。ほっこりとした気持ちになれるビストロの誕生です。


<DATA>
・店名: Asperge Blanche
・所在地:京都市下京区横諏訪町313‐2
・アクセス:京都市営地下鉄「五条駅」徒歩約1分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-352-4570
・営業時間:12:00~14:00(ランチタイム)、14:00~18:00(デザートセット)、
18:00~22:00(ディナータイム)
・定休日:火曜日


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。