「無線LANルータ」などのルータとは

無線LANルータ

無線LANルータ

無線LANのパッケージなどに「無線LANブロードバンドルータ」と記されていることがあります。また、ショップへ行くと「ルータ」というコーナーがよくあります。

最近よく耳にするルータとはいったいどのような機器でどのような機能があるのでしょうか。

ここでは、初心者の方にも分かりやすいように解説しましょう。

<目次>  

ルータの役割・機能

ルータには次のような機能があります。
 
  • 複数のコンピュータで、ひとつのインターネット回線を共有する
ルータを利用すると、ひとつのインターネット回線を複数のコンピュータで共用できます。これは、ルータがインターネットで扱うデータを自動的に振り分けているからです。

たとえば、下のイラストのAコンピュータから送信要求があったとき、サイト側から返ってきたデータをAコンピュータに送るという機能があります。
 
ルータを使えば、複数のコンピュータでひとつのインターネット回線を使うことができます

ルータを使えば、複数のコンピュータでひとつのインターネット回線を使うことができます

 
  • IPアドレスの割り振り
LANでファイルのやりとりをするには、各コンピュータにコンピュータの住所にあたる数値(IPアドレス)を重複することなく割り振る必要があります。この割り振りを自動的に行う機能をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバー機能と言い、ルータの重要な機能の1つになっています。 
         ルータは各コンピュータにIPアドレスを割り振ります
 

ルータは各コンピュータにIPアドレスを重複なく割り振ります


なお、特に高速回線でインターネットにつなぐときに使うルータを「ブローバンドルータ」と言いうこともありますが、現在ではそれが主流なので単にルータといってもブロードバンドルータを指します。

ルータには、機器を接続する端子が5ポート程ありますが、足らなくなったらスイッチングハブという機器を利用して増設してください。
 

スイッチングハブとは「ルータからのLANケーブルを束ねる機器」

スイッチングハブとは、ひとつのネットワーク内において、コンピュータに接続されているLANケーブルや、ルータからのLANケーブルを1箇所で束ねるための機器です。

スイッチングハブとルータを接続すると、ほかの機器との橋渡しになり、機器を接続する端子の数を増やすことができます。

 
         undefined

スイッチングハブは、現行商品であれば、どのメーカーの製品でも性能的に大差はありません。ただ、次の点に注意して、目的にあった製品を選んでください。
 
  • 接続ポートの数は余裕を見て多めの製品を購入する
最低でも、ルータからのLANケーブルを接続する1端子に加え、接続するコンピュータの数だけの端子が必要です。この端子をポートといいます。初心者の方でも、将来を見越して8ポート程度の製品を購入されるとよいでしょう。
 
  • 設置レイアウトに注意する
ポートが製品の裏側についているものや、表側に付いている製品があるので、設置するレイアウトにあった製品を選んでください。

机上に置くのに、表面にポートがある製品を購入するとLANケーブルを前から接続することになり、ケーブルの取り回しが難しくなります。
 
机上に置く場合は、裏側にケーブルが接続できる方がよい。

机上に置く場合は、裏側にケーブルが接続できる方がよい。

  • ネットワークの速度に合わせた製品を選ぶ
1000BASEのネットワークを構築したいときは、1000BASEに対応した製品を購入してください。ルータが1000BASEに対応していても、ハブが100BASEでは、100Mbpsの速度になってしまいます。現在でも100BASEの製品は販売されていますので、購入の際には注意してください。
 
  • 音が気になるならファンレスの製品を選ぶ
ファン付きの製品とファンレスの製品があります。静かな環境に設置するときは、FANレスの製品を選ぶようにしてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。