プリンタを無線LANでつなごう

プリンタを使って印刷するとき、パソコンをいちいちプリンタにつなぐのは面倒です。無線LAN機能を内蔵したプリンタなら、無線LANを使って、どこからでもプリントできるようになります。ケーブルをつなぐ必要もないので、とても快適に利用できます。

今回は無線LAN対応プリンタを無線LANにつなぐ方法や使い勝手について解説します。

なお無線LANに対応していないプリンタを使っている場合でも、無線LAN親機によっては無線LANで使うことができるようになります。詳しくは「無線LAN非対応のプリンタを無線LANで使うには」を参照してください。


無線LAN対応プリンタのメリット

自由なレイアウトが可能

ケーブルは電源コードだけ。自由なレイアウトで利用できる

まず、無線LAN対応のプリンタを利用するメリットを挙げましょう。

■離れたところから印刷できる
電波の届くところであれば、どこからでも印刷ができます。リビングに置いたプリンタを隣室の書斎はもちろん、2階の部屋からでも利用できます。ケーブルのないすっきりとした環境で、どこからでも印刷ができます。

問題は、電源のOn/Offを自動で行うことができるかどうかでしょう。電源の完全なOn/Offは難しいのですが、スリープモード搭載のプリンタであれば、ネットワーク経由でスリープモードを解除することが、ほぼできます。対応の状況は、プリンタのメーカーに問い合わせてみてください。確かに待機電力は必要ですが、スリープモードの待機電力はかなり少ないので問題にはならないでしょう。

オフィスであれば、一日中電源を入れっぱなしにすることが普通ですので、スリープモード対応でなくてもよいでしょう。

■基本的にケーブルは電源ケーブルだけ
USBケーブルやLANケーブルは必要ありません。必要なのは電源ケーブルだけ。

実際に利用してみると、「電源が取れるところであれば、どこにでも置くことができる」というメリットに気付きます。ここでは邪魔なので、あちらに移動ということが気軽にできます。USBやLANケーブルがある環境では、おいそれと移動することはできないでしょう。

■共有も手軽
Windowsのプリンタの共有機能を利用してもネットワーク上でプリンタの共有はできます。しかし、プリンタを接続するコンピュータが必要で、常にそのコンピュータの電源を入れておく必要があります。無線LAN対応型プリンタなら、プリンタ単体で、誰でも使うことができます。

無線LAN対応プリンタを選ぶときは注意すべきことがあります。詳しくは次のページで。