Wi-Fi(無線LAN)に対応していないプリンタを無線化(Wi-Fi対応)したい

ネットブック

パソコンをいちいち移動させてプリンタに接続しなくても印刷できるのは、非常に便利。

自宅で無線LANネットワークを組んで、ノートパソコンやスマートフォン、ゲーム機など、Wi-Fi(無線LAN)対応機器を使っている方も多いと思います。ところで、プリンタとパソコンはどのように接続していますか? 「パソコンの横にプリンタを設置し、USBケーブルで接続。印刷するときはそのパソコンを使っている」という方も多いのではないでしょうか。

 
無線LAN機能を内蔵したプリンタなら、パソコンと直結させなくてもプリントできますが、無線LAN機能がないプリンタをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は無線LAN機能のついていないプリンタを、Wi-Fi(無線LAN)に対応させる方法を紹介しましょう。


プリントサーバー機能のある無線LAN親機を使う

Wi-Fi(無線LAN)に対応していないプリンタをWi-Fi(無線LAN)で使うには、「プリントサーバー機能」に対応した無線LAN親機を使います。最近の無線LAN親機には、同機能が付いているものも多いので、一度マニュアルを調べてみましょう(機能の名称は機器によって違うことがあるのでご注意ください)。
プリンタと無線LAN親機をUSBで接続すれば、無線LANに対応させることができます

プリンタや複合機と、無線LAN親機をUSBで接続すれば、無線LANに対応させることができます


これから無線LAN親機を導入される方は、プリントサーバー機能が付いているかどうかチェックして購入するとよいでしょう。Buffaloの製品であれば、この「デバイスサーバー設定ツール 」ページの「対象製品」リストを見れば対応機種が分かります。

それでは次のページで実際に設定してみましょう。