アルミホイルを使って無線LAN(Wi-Fi)の電波強度を上げることはできるのか?

アルミホイルで電波を反射させる工夫

アルミホイルで電波を反射させる工夫

無線LANの電波は四方八方に広がっていくため、家のどこにいてもインターネットに接続できる。しかし、無線LANの親機を家の隅っこに設置している場合は、一方に広がるだけでよい。

そこで、「もう一方の電波を逆方向に反射させることで、電波強度を上げることはできないだろうか?」と考えてみた。

こうした方法としては、昔からよく段ボールにアルミホイルを貼りつけて電波を反射させる工夫が取り上げられる。また、うまくいくかどうかは別として、アンテナにアルミホイルを巻き付けてアンテナの長さを延長し、電波強度を上げる工夫もある。

今回は実際にこれらを検証してみることにした。ただ、当然のことながらメーカーが正式にサポートする方法ではない。また、ガイドが行った検証がすべての環境/機種で再現できるとは限らない。あくまでも一例であり、「やってみて電波強度が上がれば、めっけもの!」程度に思って欲しい。

検証環境は?

WiFiundefinedAnalyzerのシグナルメータモード。

WiFi Analyzerのシグナルメータモード。今は電波強度が最高なので振り切っている。

検証にあたっては、AndroidのスマホであるZenFone 2に、Wifi Analyzerというアプリをインストールして利用した。

Wifi Analyzerを「シグナルメータ」のモードにすると、電波強度をメーターで表示でき、またサウンドをonにすれば音で電波強度を聞き分けることができる。離れて計測するには、もってこいの環境と言ってよい。

 
計測した環境としては、親機をキッチンに置き、大きめの収納と壁を隔てた玄関のカウンターに子機を置いた。距離にして6m強だが、障害物(収納)が写真のように結構大きく厚みがある。

キッチンカウンターに置いた親機。向こう側に収納と壁がある。れ

キッチンカウンターに置いた親機。向こう側に収納、その向こうに壁がある。


キッチンカウンターに置いた親機。向こう側に収納と壁がある。れ

壁を隔てた玄関ホールのカウンターに子機を置く。現在は電波を拾っていないので、メーターは0を指している。


さて、検証結果は次のページだ。