MacのPCでもAirPrint対応のプリンタは必須なのか?

Air Print対応のプリンタは必須か

Air Print対応のプリンタは必須か

「Macでプリントするには、AirPrint対応のプリンタが必要」とショップなどで勧められることがある。筆者も実際にそう言われた経験がある。

AirPrintとは、ドライバーをダウンロードしたりインストールしたりしなくてもプリントできるAppleのテクノロジーで、iPhoneやiPadなど、プリンタドライバーをインストールできない機器でも印刷を可能にするものだ。

もちろん、MacBookやiMacなどのPCでもAirPrintは利用できるが、こちらについてはとくにAirPrint 対応のプリンタでなくても、以下に述べる方法でプリンタドライバをインストールすれば印刷ができる。


MacをWi-Fiで接続する

無線LANを利用して印刷するには、まずMacと無線LANルーターをWi-Fiで接続する必要がある。以下にその方法を述べる。もちろん、Safariなどを起動して既にインターネットに接続できていれば、以下の設定は必要ない。

1.「システム環境設定」→「ネットワーク」を選択する。
※注:以下の手順では、すでに無線LAN接続を作成している場合は、操作しなくてもよいステップがある。結果の画面を比較しながら読み進めてほしい。
undefinedundefined

  


2.左欄の下にある「+」印を選択する。ここで、Wi-Fiの接続を追加する。

undefinedundefined

  


3.一覧から「Wi-Fi」を選択する。

undefinedundefined

  


4.「作成」を選択する。
undefinedundefined

  


5.元のウィンドウの左欄にWi-Fiのアイコンが追加されるので、「Wi-Fiを入にする」ボタンを押す。
undefinedundefined

  


6.「適用」ボタンを押す。
undefinedundefined

  


7.「ネットワーク名」一覧から接続したい無線LANルーターのSSIDを選択する。SSIDは、無線LANルーター本体に印字されていることが多い。
undefinedundefined

  


8.接続パスワードを入力し「接続」ボタンを押す。接続パスワードも本体に印字されている」ことが多い。
undefinedundefined
9.元のウィンドウに「Wi-Fi○ 接続済み」と表示されれば完了だ。
undefinedundefined

  


プリンタを追加する

次にプリンタをシステムに追加する。

なお、プリンタも無線LAN経由で利用する場合は、プリンタを無線LANルータに接続する必要があるが、これはプリンタによってまちまちなので、プリンタのマニュアルを参照して欲しい。多くはプリンタの液晶画面で設定を進めることになるだろう。


1.「システム環境設定」→「プリンタとスキャナ」を選択する。
undefinedundefined

  


2.左の欄の左下にある「+」ボタンを押す。
undefinedundefined

  


3.ネットワークに接続されているプリンタが表示されるので、接続したいプリンタを選択して「追加」ボタンを押す。これで、自動的にプリンタドライバがMacにインストールされる。


Appleは、プリンタメーカーから多くのプリンタドライバを貸与されているが、もし、使用するプリンタが一覧に表示されない場合は、プリンタの製造元Web サイトからダウンロードしてインストールする必要がある。

AirPrint対応のプリンタであれば、ドライバが必要ないので標準でプリンタ名が一覧に表示される。
undefinedundefined

  


4.元のウィンドウにプリンタ名と「待機中」という文字が表示されれば、完了だ。
undefinedundefined

  


あとは、利用するアプリケーションの「ファイル」メニューなどからプリントを選択して印刷しよう。
undefinedundefinedundefined

   「ファイル」メニューからプリントを選択したあとの画面。「プリント」ボタンを押せば印刷が始まる。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。