ルータとは?

無線LANルータ

無線LANルータ

無線LAN親機のパッケージなどに「無線LANブロードバンドルータ」と記されていることがあります。また、ショップへ行くと「ルータ」というコーナーがよくあります。

最近よく耳にするルータとはいったいどのような機器でどのような機能があるのでしょうか。

ここでは、初心者の方にも分かりやすいように解説しましょう。

ルータの役割

ルータには次のような機能があります。

  • 複数のコンピュータで、ひとつのインターネット回線を共有する
ルータを利用すると、ひとつのインターネット回線を複数のコンピュータで共用できます。これは、ルータがインターネットで扱うデータを自動的に振り分けているからです。

たとえば、下のイラストのAコンピュータから送信要求があったとき、サイト側から返ってきたデータをAコンピュータに送るという機能があります。

ルータを使えば、複数のコンピュータでひとつのインターネット回線を使うことができます

ルータを使えば、複数のコンピュータでひとつのインターネット回線を使うことができます


  • IPアドレスの割り振り
LANでファイルのやりとりをするには、各コンピュータにコンピュータの住所にあたる数値(IPアドレス)を重複することなく割り振る必要があります。この割り振りを自動的に行う機能をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバー機能と言い、ルータの重要な機能の1つになっています。
ルータは各コンピュータにIPアドレスを割り振ります

ルータは各コンピュータにIPアドレスを重複なく割り振ります


なお、特に高速回線でインターネットにつなぐときに使うルータを「ブローバンドルータ」と言いうこともあります。

ルータには、機器を接続する端子が5ポート程ありますが、足らなくなったらスイッチングハブという機器を利用して増設してください。

次のページでは、スイッチングハブについて解説します。