この先東京湾沿いに約1万戸のマンションが建つ

マンション

湾岸エリアにはここ数年で多くのマンションが建ちましたが、今後も更に増える予定です。

平成25年8月末までに東京23区内で竣工した分譲マンションは、2万8,940物件・133万3,018戸。このうち、晴海から半径8キロメートル圏内の分譲マンションは1万195物件・54万57戸で、物件数で35.2パーセント、戸数で40.5パーセントを占めており、晴海から半径8キロメートル圏内という限られたエリアに、東京23区内の分譲マンションストックの約4割が集中しています。

また、今後も湾岸エリアには、判明しているだけで約1万戸が新規供給されるとしています。2020年の東京オリンピックに向けて、まだ開発余地が豊富な東京湾岸沿いでの供給が今後も加速する可能性が高いのではないでしょうか。かつて郊外へ広がった多摩ニュータウンに象徴されるニュータウンですが、東京湾岸沿いは次世代型ニュータウンとして更に存在感を増しそうです。

先々を予測するには、過去の歴史をたどるのが鉄則です。これまで30年のマンション立地の変遷を見てみましょう。


マンション立地は西高東低から「東高西低」に……次のページ