5分で作れる、蕎麦がきならぬ、豆乳がき

所要時間:5分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物その他粉物料理

 

温サラダのような、温かいお刺身のような逸品料理

蕎麦粉を熱湯で練って作るのが「蕎麦がき」です。今日の料理は、それを応用した「豆乳がき」です。つるんとしていてふわふわで、大変のど越しの良い一品です。豆乳の甘味がさえるよう、わさび醤油でいただきます。サラダのような、お刺身のような料理です。5分ほどで作れますので、急な来客時の、とりあえずの一品としてもお勧めです。

豆乳がきの材料(2人分

主材料
豆乳 250cc
片栗粉 35g
少々(親指と人差し指で1つまみ)
その他
青菜 わさび菜 (または青ネギ)
わさび 適宜
醤油 適宜
調製豆乳を使いました

豆乳がきの作り方・手順

豆乳がき作り

1:豆乳、片栗粉、塩を混ぜる

豆乳、片栗粉、塩を混ぜる
鍋に豆乳と片栗粉と塩を入れ、泡だて器で混ぜて溶かす。

2:混ぜながら火を通す

混ぜながら火を通す
中火にかけて、木ベラでかき混ぜながら煮る。固まり始めたら、火を弱め、ヘラで鍋底をこそげるようにしながら混ぜて火を通す。

3:なめらかになったら2分ほど練り煮

なめらかになったら2分ほど練り煮
ゴトゴトしていたのがなめらかになったら、2分間ほど練り煮する。

4:冷水にあけ、手でちぎる

冷水にあけ、手でちぎる
冷水に取る。手で丸くちぎって器に盛る。

5:青味野菜をトッピング

青味野菜をトッピング
刻んだ青味野菜(今回はピリッと辛味のあるわさび菜)をのせる。わさび醤油を添える。

6:わさび醤油で食べる

わさび醤油で食べる
箸でちぎってわさび醤油をつけて食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

醤油を上からかけてもいいですし、醤油の代わりに麺つゆで食べてもおいしいです。いずれにしても、豆乳の甘味が生きるよう、少量にしてください。あんこやきな粉、黒蜜などをかければデザートになります。豆乳の代わりに牛乳でも同じように作れます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。