抗重力筋を使って美しい背中を

抗重力筋を使って美しい背中を

抗重力筋で後ろ姿も美しく!

自分では見えないけれど、周りからは注目されているかもしれないあなたの後ろ姿。気が付かないうちに見られていることの多い部分ですが、『抗重力筋』を意識することでも、より美しい後ろ姿を作っていくことが出来ます。重力の影響を受けて地球で生活する以上、私たちが姿勢を保持するためには、重力に対抗するように働く筋肉が必要になります。それがそのまま名前になっているのが抗重力筋(antigravity muscle)です。

抗重力筋には、背中の筋肉である脊柱起立筋やお腹の腹直筋、お尻の大殿筋、脚の大腿四頭筋、腓腹筋(ひふくきん)、ヒラメ筋などがありますが、今回はその中でも、脊柱起立筋や大殿筋など体の後ろ側を特に使っていきます。美しい後ろ姿を作ることにフォーカスし、「スター・ステージ1」と「ダイヤモンド・プレス」というエクササイズをご紹介していきます。

最初は美しいヒップラインをつくる「スター・ステージ1」です。うつ伏せ姿勢で脚の長さを出しながら行ってみましょう。


「スター・ステージ1」で美しいヒップラインを!


脚を(外旋)付け根から外回しにしておきましょう

脚を(外旋)付け根から外回しにしておきましょう

1、うつ伏せになり、脚を腰幅くらいに開いておきます。体のセンターラインを整え、お腹は軽く凹ませた状態にしておきましょう。この時に外旋(脚の付け根から外回し)させ、お尻周りの深層部にある外旋筋を働かせます。手は肘を曲げ、おでこの下あたりに置いておきましょう。

 
最大10回までで、回数は減らしても構いません

最大10回までで、回数は減らしても構いません

2、息を吸って準備をし、吐きながら左脚を床の上でより長くしてから少し持ち上げます。(持ち上げた状態で、さらに長くしていく意識を持ちましょう。)

吸いながら脚を元の位置まで下ろしましょう。反対の脚も同じように動かし、左右交互に上げ下げし、最大は10回まで行います。

脚は反動を使わずに上げ、軽く凹ませたお腹を保ちながら脚の付け根の前側を開くつもりで、長い脚を保ちましょう。

 

続いて、背骨の動きをスムーズにし、美しい背中を作る「ダイヤモンド・プレス」です。背骨1つ1つを使うイメージを持ちながら行ってみましょう。


「ダイヤモンド・プレス」で美しい背中を!


手でダイヤモンドの形を作るようにして、おでこの下へ

手でダイヤモンドの形を作るようにして、おでこの下へ

1、うつ伏せになり、脚を腰幅くらいに開いておきます。体のセンターラインを整え、お腹は軽く凹ませた状態にしておきましょう。両脚は平行に保ちます。手は肘を曲げ、おでこの下あたりに置いておきましょう。

 
背骨の1個1個の動きを行うつもりで

背骨の1個1個の動きを行うつもりで

2、息を吸って準備をし、吐きながら手のひらと頭を一緒に床から少し浮かせ、椎骨(背骨の一つ一つの骨)を上部の首の方から1個ずつ床から離していきます。吸いながらその形をキープしましょう。そして吐きながらまた、1個ずつ床に戻すように下ろしていきます。(最大は10回まで行います。)

 

どちらの動きも、うつ伏せで重力に逆らうように上げていきますが、高く上げることよりも、背骨が1個ずつ動く感覚を大切にします。ご紹介した2つのエクササイズを朝晩等と分けて行ってもよいので、重力に逆らいながら美しい後ろ姿を目指しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。