ディナーのアラカルト料理より

それでは、ディナーのアラカルト料理から御紹介していきます。尚、ディナーコース料理は4,200円~10,500円までの4種類あります。ランチは1,890円~。

・オニオングラタンスープ
スップ・ア・ロニヨン・グラティネ

オニオングラタンスープ(スップ・ア・ロニヨン・グラティネ)

今回、特別にリクエストして作って(焼いて)いただいたアラカルト料理「オニオングラタンスープ(スップ・ア・ロニヨン・グラティネ)」。タマネギを炒めるだけでも5時間以上もの時間をかけられるという料理だけあり、現在はリクエストがあった時だけ特別に作られるそうです。

食欲をソソる焼き具合も素敵ですが、「チーズ」「バゲット」「タマネギ」「スープ」による全体のバランス感が絶妙の仕上がり。チーズの塩味とタマネギの甘味のコントラストに、バゲットの程よい食感、スープのコクと旨味の凝縮感も抜群でした。ブラーヴォ!


・魚のクネル

魚のクネル

魚のクネル

そして魚料理から御紹介するのはシェフのスペシャリテの一つでもある「魚のクネル」。リヨン風のクネルは川カマスを使いますが、このクネルは海の白身魚(魚の種類はその日の仕入れによって様々ですが、この日は長崎産まとう鯛とメバルを使用)を使ってあるので、しっかりとした旨味が印象的。さらにクネルの滑らかなテクスチャも素晴らしく、たっぷりの美味ソースと野菜が入っているのも嬉しいですね。リヨンで修行されてきたシェフならではの卓越したスペシャリテと言えるでしょう。


・仔牛のホホ肉 シェリーヴィネガー煮込み
仔牛のホホ肉undefinedシェリーヴィネガー煮込み

仔牛のホホ肉 シェリーヴィネガー煮込み

肉料理は「仔牛のホホ肉 シェリーヴィネガー煮込み」。解けるような柔らかさのホホ肉に合わせるのは、シェリーヴィネガーの酸味とフォンの旨味のコンビネーションがピタッと決まったしつこくないソース。実にワインを誘う芳醇なテイストがたまりませんね。アラカルトならではのフランスらしいボリューム感も魅力的です。


・蒸し焼きした濃厚なガトーショコラ グラス添え
蒸し焼きした濃厚なガトーショコラundefinedグラス添え

蒸し焼きした濃厚なガトーショコラ グラス添え

そしてデザートのスペシャリテが、この「ガトーショコラ」。一般的なガトーショコラはパサパサした食感のものが多いですが、シェフの作られるガトーショコラは丁寧に蒸し焼きにされているので、そのパサパサ感がほとんどないのです。テリーヌとガトーショコラの中間ぐらいのテクスチャで、とても心地良い滑らかさ! 添えられたグラスも軽やかで、寄り添うようにショコラの濃厚な風味と上手くマッチしていました。


ジビエ料理やパイ包み焼き料理も

タマネギのタルト

アラカルトの前菜より「タマネギのタルト」。

リヨンを中心に伝統的なフランス料理店で修行を積まれた田邉シェフ。フランスへ行って地元の本場の料理を食べたことのある人が「ああ、懐かしい!」と思ってくれる料理を良心的な値段で作って行きたいと抱負を語られます。お話を聞いていて、その熱意と真摯な姿勢がビンビン伝わってきましたね。

尚、今回のオニオングラタンスープはもちろん、前もってリクエストすれば、ジビエ料理やパイ包み料理も作ってくださるとのこと。これから寒くなればなるほどジビエが美味しい季節ですし、冬の間に是非どうぞ。


<DATA>
・店名: Le pique-assiette
・所在地:京都市東山区渋谷通東大路東入る下馬町491 アースコート清水1F
・アクセス:
京都駅からの場合→市バス206・208・100番「馬町」下車 徒歩約3分
四条烏丸駅からの場合→市バス207番「馬町」下車 徒歩約3分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-531-9850
・営業時間:11:30~15:00(14:00LO)、17:30~22:30(20:30LO)
・定休日:火曜日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。