第3位 バンフ

世界遺産に指定されているカナディアンロッキーの中心地バンフ (C) Travel Alberta

世界遺産に指定されているカナディアンロッキーの中心地バンフ (C) Travel Alberta

サイクリングは、気軽にできるアクティビティの一つ。ショップによっては、子供用の自転車もあり (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

サイクリングは、気軽にできるアクティビティの一つ。ショップによっては、子供用の自転車もあり (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

カナダが世界に誇る観光地、バンフ。成田からはカルガリーまで直行便があり、そこからバスで1時間半と、アクセスも悪くありません。

ハイキング、乗馬、サイクリングフィッシングとあらゆるアウトドアアクティビティが可能。コロンビア大氷原の氷河観光もはずせない要素ですが、観光時間が9時間と長く、結構バスの乗り降りが多いので、小さなお子さんには少し大変かもしれません。

ファミリーでの旅行先としてオススメできますし、お子さんの思い出に残る旅が出来る場所です。ただ、バンフでできるアクティビティはウィスラーでもできるものがほとんど。そのため、日本からの距離の比較、家族旅行の観点から見た町の使いやすさの比較、これらを総合してウィスラーと僅差ですが3位としました。ただ、甲乙付けがたい部分もあり、バンフも十分に素晴らしい観光地です。最終的にはそれぞれの好みにもよるかもしれませんね。

バンフについての詳細はこちら>>>カナディアンロッキーの大人気リゾート、バンフ

第4位 ナイアガラの滝

轟音を立てて流れ落ちる滝は、あまりの音の大きさにお子さんは怖くなってしまうほど! (C) Tourism Ontario

轟音を立てて流れ落ちる滝は、あまりの音の大きさにお子さんは怖くなってしまうほど! (C) Tourism Ontario

説明不要の世界的な観光地。実はナイアガラの滝は、アメリカのファミリーにも大人気の観光地です。ラスベガスのように、カジノとアトラクションで大人も子どもも楽しめる観光地を標榜しており、キッズ向けの目的地といえます。

ただ、成田からトロントまで直行便に乗っても片道12~13時間は要します。さらにバスで2時間弱と遠いのが難点。その割に、ナイアガラの滝では滝の周辺のアトラクションを回っても、2泊で十分回りきれてしまいます。

せっかく遠いカナダまで来たのだからと、他の場所も楽しみたいですよね。ただ、ナイアガラは他の観光地と組み合わせる場合、カナディアンロッキーやバンクーバーへの移動は1日がかりと長くなり、お子さん連れだと日程を組みづらい……そんなわけで、知名度の割にはランクを低めにしました。

ナイアガラの詳細はこちら>>>ナイアガラの滝

第5位 ビクトリア

ビクトリア観光でははずせないブッチャートガーデン。子供が遊ぶスペースもなくはないが、あまり子供向きとはいえないアトラクション

ビクトリア観光でははずせないブッチャートガーデン。子供が遊ぶスペースもなくはありませんが、あまり子供向きとはいえないアトラクション (C) Butchart Garden

ビクトリアは英国より英国らしいといわれる、情緒たっぷりのカナダ有数の観光地です。しかし観光要素がガーデン、アフタヌーンティーといったように、キッズと一緒に旅行となると若干ピントがずれている部分も否めません。ただ、小学生くらいのお子さんだと、ビクトリアから出航するホエールウォッチングツアーがオススメできます。また、バンクーバーから往復フェリーで日帰り旅行が楽しめるのも高ポイント。日本では乗る機会が皆無といっていい、水上飛行機でアクセスすることも可能です。

ビクトリアの詳細はこちら>>>ビクトリア(カナダ)

次のページでは、カナダの人気ツアーですがキッズ向けではないものをご紹介します。