シャチを見よう!
ビクトリア&バンクーバーのホエールウォッチング

ビクトリア近海では高確率でシャチを見ることが可能 (C) Vancouver Whale Watch

ビクトリア近海では高確率でシャチを見ることが可能 (C) Vancouver Whale Watch

カナダを代表する魚といえば、サーモン。ですが、このサーモンはシャチの大好物でもあるんです! このサーモンを求めて、毎年同じシャチの家族が北上してきて、ビクトリア近海に滞在します。「シャチの家族」は20~30頭のものが3つあって、きちんと1頭ずつ識別番号が振られている上に名前まで付けられているほど、その生態は把握されています。また、たくさんのツアーがある中、ツアーのボート同士が常に無線で連絡を取り合い、情報を交換しているため、シーズン中は毎日のようにシャチを見ることができた!という報告が入るほどの高確率。

ツアーの出発は位置的に近いビクトリアがメインですが、バンクーバーからのツアーや、バンクーバーからビクトリアへの移動を兼ねながらのツアーなど、多彩なツアーが行われています。

では、そのホエールウォッチングのツアー内容、季節、注意事項などを紹介します。

シーズン、見られるクジラの種類やその他の動物

ツアーはほとんどの会社が4~10月まで催行していますが、高確率でシャチが見られるのは6~9月。同じシャチの家族が戻ってくる時期に当たります。この前後にあたる5月と10月もシャチが見られますが、これはさらに北上する移動型のシャチの群れなので、見られる場所も一定しておらず、見られる確率はかなり下がるのと、天気が悪くなり、ツアーにあまり適しません。

アシカやアザラシもホエールウォッチングツアーで見られる動物の定番 (C) Vancouver Whale Watch

アシカやアザラシもホエールウォッチングツアーで見られる動物の定番 (C) Vancouver Whale Watch

ツアーではシャチ以外にも、アシカ、アザラシは90%以上の確率で見られます。その他、ミンククジラ、コククジラやザトウクジラといった大型のクジラが見られることもあります。ただ、これら大型のクジラは定住しているわけではないので、見られるかどうかは運次第という程度のもの。ホエールという言葉から想像できるような大型のものへの過度の期待は禁物。


ビクトリアからのツアー

ホエールウォッチングの主流はゾディアックと呼ばれる大型ゴムボートの高速船ツアー (C) Vancouver Whale Watch

ホエールウォッチングはゾディアックと呼ばれる大型ゴムボートの高速船でのツアーが主流 (C) Vancouver Whale Watch

ほとんどのツアーはエンプレスホテル正面の港から出発

ほとんどのツアーはエンプレスホテル正面の港から出発

シャチが見られる海域にもっとも近いのがビクトリアなので、大半のツアーはビクトリアから出発します。催行会社も10社以上あり、ほぼ全てがビクトリアのダウンタウンにあるエンプレスホテルに面した港インナーハーバーから出航します。ゾディアックと呼ばれる大型ゴムボートツアーが人気を集めていますが、会社によっては大型クルーザーを利用するものもあります。1回のツアーが3時間程度で、1日3回ツアーを催行している会社もあるほど。とはいえ、非常に人気が高いツアーなので、シーズン中は事前予約をおススメ。以下、主な会社を2つ紹介します。

<DATA>
Orca Spirit Adventures
料金:大人105カナダドル、ユース(13~17歳)85カナダドル、子供(12歳以下)75カナダドル。いずれも税12%別
時間:1日2~3回出発。いずれも所要3時間
期間:4月中旬~10月中旬
概要:ゾディアック、高速クルーザー船のいずれかのツアーを選択可能