ファミリーにおススメできないカナダ旅行その1 イエローナイフのオーロラ

子供には分かりづらい、オーロラの素晴らしさ

子供には分かりづらい、オーロラの素晴らしさ (C) Becks Kennels

極北の地イエローナイフでは、絶対的な寒さ、深夜に及ぶ観賞ツアーと、キッズには不向きな要素がそろっています。夏のオーロラツアーだと寒さは軽減されますが、日没が遅いため観賞スタート時間が深夜23時と、さらに遅くなります。また、オーロラの素晴らしさはなかなかお子さんには理解しづらく、仮に夜起きていられたとしてもオーロラが出てくるまでの時間は間違いなく飽きてきてしまう……。さらに、オーロラが出たときもお子さんの世話で、親御さんが十分に楽しめないケースがあります。ガイドの感覚では、中学生くらいにならないと、オーロラ観賞は難しいと思います。

イエローナイフのオーロラの詳細はこちら>>>イエローナイフのオーロラ観賞

どうしても、お子さんと一緒にオーロラを見に行きたいのであれば、ロッジからオーロラが見られるホワイトホースの方が、無理なくオーロラが見られると思います。

子連れで行くホワイトホースのオーロラの詳細はこちら>>>子連れで行く!カナダ・ユーコンのオーロラ観賞3泊5日



ファミリーにおススメできないカナダ旅行その2 メープル街道の紅葉ツアー

紅葉ツアーのハイライト、ローレンシャン高原。ここにずっと滞在するなら、ウィスラーのような楽しみ方も可能 (C) Toursim Quebec

紅葉ツアーのハイライト、ローレンシャン高原。ここにずっと滞在するなら、ウィスラーのような楽しみ方も可能 (C) Toursim Quebec

紅葉を見て楽しむということ自体、わびさびを楽しむ大人の旅行ですから、あまりキッズ向きとはいえないでしょう。また、メープル街道のツアーはナイアガラからケベックへ街道沿いに移動を続ける周遊型のツアーなので、バスや列車での移動時間が長く、車内ではお子さんは退屈してしまう可能性が高いです。

メープル街道の詳細はこちら>>>メープル街道
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。