「橙」を効果的に取り入れるポイントメイク法

橙をメイクアップに簡単に取り入れるには、アンダートーン別に得意な色と組み合わせて使用する事がお薦めです。

ブルーアンダートーン

画像表示中

ブルーアンダートーン

ブルーアンダートーンは橙系が得意ではありませんが、淡い色味であれば、上瞼など広範囲に使用していただいても問題ありませんが、下瞼には得意な色味であるブルーピンク系を塗ることで、目元を明るく全体に透明感を演出することができます。

 
画像表示中

ブルーアンダートーン

ブルーアンダートーンのチークやリップは、ベースとしてオレンジ系をのせその上に得意なピンク系を重ね、サーモンピンクに混色すれば顔全体に透明感が生まれます。

イエローアンダートーン

画像表示中

イエローアンダートン

イエローアンダートーンは橙色が得意な色で肌に馴染みやすい色味ですが、ポイントメイクを同色でまとめると野暮ったい印象になりがちなので、得意なオレンジ系でまとめながらも、配色の相性がよいブラウン系やモスグリーンを目尻や目尻下にポイント的に取り入れると、メリハリのあるメイクに仕上がります。


 
画像表示中

イエローアンダートーン

イエローアンダートーンのチークやリップは、オレンジの類似色でまとめる場合でも、微妙に明るさや色の強さに変化をもたせてください。

※アイライン・マスカラを使用していません。


心が必要とする色をメイクアップで取り入れる

それぞれの色の持つ意味(メッセージ)をお伝えしましたが、あなたの心が必要とする色を、どのように日常へ取り入れて活かしていくかが重要です。そこで、女性にとって外見を輝かせる為の1つの手段であるメイクアップに取り入れて、なりたい自分に導いていきましょう。

色は目でみて感じていますが、皮膚からも色を感じている事は科学的な実験で証明されているのです。

今までの記事は、第一次色(三原色)の中から「」「」「」、そして今回は第二次色の「橙」がテーマでしたが、次回は第二次色の「」をテーマに解説します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。