イソフラボンの効果は個人差あり

個人差

効果を感じないのは自分だけ?

女性らしいもちもち肌を維持するには、女性ホルモン エストロゲンが欠かせません。このエストロゲンを助けてくれる女性ホルモン様物質の代表といえば、大豆イソフラボンです。美容やホルモンバランスを意識して利用されることが多い大豆イソフラボンですが、友達には評判が良かったサプリを買ったはずなのに、「効果を感じなかった……」という経験はありませんか?その効果には大きな個人差があるようです。

 

大豆イソフラボンの種類と効果の違い

まずは、大豆イソフラボンのタイプと働きの違いを確認しておきましょう。

大豆の中に含まれているのは、グリコシド型と呼ばれる糖がくっついた状態のイソフラボンです。これは、そのままでは吸収できない大きさなので、消化の過程で腸内細菌の働きによって糖が外れたもの(小さくなったもの)だけが吸収されています。一方、味噌・醤油などに含まれているイソフラボンは、吸収の妨げになっていた糖が外れたアグリコン型。すでに吸収できる小ささですから、消化機能に関係なく吸収でき、利用効率の面で優れているのです。

さらに、イソフラボンの中にも3つの種類があります。それが、ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインです。それぞれ働きに違いがあり、グリシテインは、エストロゲンを助ける働きはほとんどありません。エストロゲンを助ける働きが最も強いのがゲニステイン。ほどほどの働きをしてくれるのがダイゼインです。

直接の効果だけを考えると、「アグリコン型ゲニステインが一番良さそう」と思うかもしれませんが、実は最近注目を集めているのはアグリコン型ダイゼイン。タイゼインは、私たちの体の中(腸)に入った時、驚きの変身をしているのです。