頑張っている「姿勢」や「内容」を見逃さない

honor5

受容、共感、肯定的な対応でやる気を引き出そう

ではどうしたらいいのでしょうか? 「結果」ではなく、頑張って取り組んでいる「姿勢」や「内容」に注目して、声をかけてあげることです。

「最近、計算が速くなってるね。頭の回転がよくなってるんだね!」「この作文の出だし、いいね。大人っぽい文が書けるようになったね」というように、姿勢や内容に注目すれば、子どもは、「向上している自分」「頑張っている自分」を感じることができ、「自分はOKだ」という自己肯定感、「自分はできる」という自己効力感を持つことがで きます。

そして、失敗してもその「結果」で落胆したり、責めたりしないことです。残念な結果にいちばん落胆しているのは本人です。その上、親のガッカリした顔を見ると、「評価されない絶望感」に苦しめられてしまいます。

「残念だったね」とまずは子どもの気持ちを受容、共感し、「でも、毎日頑張ってきたのを知ってるよ。間違えたところをしっかり見直せば、次はできるよ」――と「姿勢」や「内容」に注目して、肯定的な指摘をしてあげること。すると、失敗をバネにして実力を伸ばしていくことができます。

自分自身で「自分の良さ」を発見する

honor6

ノートに、自分の「成してきたこと」「できていること」「強み」をまとめてみよう

とはいえ、「親にそんな対応を期待すべくもない」という人もいるでしょう。そんな優等生本人は、どうしたらいいでしょう?

ぜひ、自分自身の「成してきたこと」「できていること」「強み」に注目してみましょう。「自分の良さ」は、自分自身ではクリアに見えないものです。そして、受容的、共感的、肯定的対応ができる親など一握りしかおらず、実際には、「どうしてできないの?」「できて当たり前」といった態度や言葉を繰り返す親の方が、一般的なのです。したがって、親を責めても仕方がありません。

自分自身で「成してきたこと」「できていること」「強み」を紙に書いて整理し、自己肯定感、自己効力感をアップしていくこと。友だちと話し合いながら、お互いの「自分の良さ」を指摘しあっていくといいでしょう。また、カウンセラーと話しながらまとめ、自己理解を深めていくのも効果的です。

自分の経験や力を肯定的に理解することにより、初めて「何を学びたいか」「どんな分野に進みたいか」といった人生目標に目を向けることができます。ぜひ、才能を生かした自分らしい人生を切り開くために、自分の良さに目を向けてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項