そもそも「カフェイン」とは?

みなさんご存知と思いますが……「カフェイン」とは烏龍茶、コーヒー、チョコレート、紅茶、緑茶、眠気覚ましのドリンクや栄養ドリンクに含まれる成分で、興奮作用、利尿作用などがあるといわれています。引き締め効果を期待したボディ用コスメに使用されることも多い成分です。
 
カフェインはダイエットに効果あるの?

コーヒーには脂分もあるため、ブラックでもノンカロリーではありません。量や割合を見直すことから始めましょう



烏龍茶、コーヒー、緑茶、引き締め効果というと、ダイエットの味方!という印象を受けますが、一方で昨今、「カフェインレス」を売りにする飲み物も多く見かけるようになりました。このカフェイン、「ダイエット」の観点から敵か味方か、詳しく解説していきましょう。
   

カフェインでダイエットできる?

「脂肪燃焼に働きかける」と言われるカフェイン。ですが、「痩せない」とダイエット相談にいらっしゃるお客様の多くは、カフェインを多く摂っていたり、水の摂取が少ないことがほとんどです。あれ?おかしいですね。

カフェインで、交感神経が刺激される(=交感神経が優位になる)と、血管に密着している神経によって体中にはり巡らされた毛細血管が収縮します。それによって、利尿作用が促進。排出された尿量により一時的に体重は減りますが、ここでの体重の変動の多くは、数百グラム程度の微々たるもの。体脂肪率はどうかと言えば、家庭用の体脂肪計は電気抵抗から算出するため、身体から水分が減れば、むしろ高く出てしまいます……。

ですので、カフェインでどんどん脂肪が燃焼するわけではなく、あくまで「働きかけ」ということ。実際は運動量や食生活が重要です。カフェインの興奮作用を、行動の火付け役としてサポートに利用するのは一つの手です。
 

カフェインの利尿作用から起こりうる水分不足……。水分が足りなくなると?

カフェインに利尿作用があることは前述の通り。水分が不足してくると、脂肪燃焼に影響が出てきてしまいます。脂肪が燃焼するときには、加水分解といって水が必要です。水は栄養素を細胞に運び、使い終わったものを回収する血液の重要な要素。燃焼したい脂肪の運搬もしているので、水分の不足は脂肪燃焼の妨げになってしまうのです。

睡眠不足の時、目の周りがショボショボする、頭がスッキリしない、便秘、ふくらはぎがだるいという経験はありませんか? これらは、脳の酸欠状態によって起こるとも言われています。水は酸素の運搬にも関わるので、特に睡眠不足の状態で、カフェインを重ね過ぎるのは、ダイエット以前に身体を思えば考えものであることも加えさせてください。
 

カフェインが体に与える影響

カフェインの摂取に偏っている人から、「気になる部分が減らない」という声をよく耳にします。女性の気になる部分といえば、主に、皮下脂肪が存在感を表す、腕、ももや膝下、腰周り。

ここで考えられる理由の一つに、冷えがあげられます。「カフェインは身体を冷やす」と、聞いたことはありませんか? カフェインで交感神経が刺激され、血管が収縮することが、冷えの一因になります。身体の中が冷えることで胃腸の調子が崩れ、女性はむくみが、男性はお腹周りが気になることが多いよう。

カフェインで「太る」ことはないのですが、このような間接的なボディラインへの影響を、多くの人はこれを「太った」と捉えがちです。ふくらはぎの血色が悪く、筋肉がパンパンに張って重く感じる人は、身体が冷えていないか、に意識をむけてみてください。
 

1日何杯まで大丈夫?

では、カフェインは何杯まで飲んでもいいかと言いますと、よく見聞きする量は「1日3杯まで」。体格や体質がみなさん異なりますので、一概にどれくらいという量はいえません。カフェインを摂ったときには、せめて同量の水を補いましょう。ただし、水分をたくさんとることを推奨している訳ではないです。過剰に何かに偏ることで、目に見えず感じにくいホルモンバランスを崩しかねません。食品からも水分は摂取しています。何事もほどほどな生活を心がけましょう。
 
カフェインも水分も、摂るときはほどほどに

カフェインも水分も、摂るときはほどほどに

 

「水が飲めない」「味のないものが飲めない」

カフェインの摂取量を見直そうとしても、慣れ親しんだ飲み物を変えることは、そう簡単ではありません。「水が飲めない」「味のないものが飲めない」という人は、本当に多いです。抵抗感が大きいのでしょう。

例えば、毎日飲んでいたお味噌汁をコップの水に切り替えるとしたら……そうしたくてした人は切り替えられると思いますが、お味噌汁命!でコップの水を望んでいない場合はがっかりしますよね。ですので、自分がやりたくなった時に切り替えることがベスト。「完璧にやろう」「こんな生活はいけない」と思い過ぎると出る抵抗感もあります。気楽にやってみるのも一つです。
 

ペットボトルと茶葉の違い、身体で知ってみませんか

同じカフェインを含む飲み物であっても、ペットボトルのお茶と、急須で淹れたお茶は違います。「宵越しのお茶は飲むな」と言いますが、これは、お茶の成分に多く含まれるタンパク質が酸化しやすい(腐りやすく)ので、「時間がたったお茶を飲むと具合が悪くなることがありますよ」という話。ペットボトルでお茶が長持ちするということは、それなりに添加物が入っています。お腹に合わないものを摂取すると、下っ腹が出たり(内臓壁もむくみます!)、脚のむくみを感じることはあります。ペットボトルと茶葉、飲んだ後の違いを身体で感じれば、どちらがよいか選べるでしょう。
 

カフェインはダイエットの敵か、味方か

体脂肪率を順調に下げたい、部分痩せしたいときには敵、行動の火付け役にしたいとき、香りを楽しみほっとする時間を持ちたいときには味方と言えるでしょう。

決して、カフェインが何もしなくても痩せさせてくれる訳ではないので、痩せる効果を期待してたくさん飲んだ方がいいもの、ではありません。摂りすぎが気になったときハーブティーやカフェインレスの飲み物を選択肢に加えることもおすすめです。

摂れば摂るほど摂りたくなるカフェイン……。もしかすると、調子が悪いと感じるとき次々摂りたくなっていて……多くの場合、摂り過ぎが問題になっているかもしれません。情報だけの「身体にいい」より、あなたのコンディションがいい生活を実体験で知っていくことを大切にしましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。