新築やリフォームの際、浴室プランで多く取り入れられるのは、豊富な商品バリエーションが揃うシステムバス(ユニットバス)。システムバスとは、工場で作られる部材やパネル(床・壁・天井)などの構成部材を現場に運び込み組み立てる、乾式工法の浴室のこと。メーカーや商品シリーズによって、パーツのバリエーションや選択できるアイテムは異なりますが、 設定されている浴槽や内装材、水栓金具などを組み合わせることで、好みのバスルーム空間をつくることが可能でしょう。

ここでは、システムバスを選ぶ際に知っておきたいサイズやデザイン、空間を構成するパーツやアイテムの特徴や最近の傾向をまとめました。

[写真協力] パナソニックエコソリューションズ 

浴槽  主な素材は人工大理石・FRP。ゆったりくつろげる形状のタイプも

天然の大理石を模した人造大理石浴槽やモザイク模様の壁、LED照明などを用いたナチュラルで清潔感のあるバスルーム。undefined [オフローラ]1616サイズ

天然の大理石を模した人造大理石浴槽やモザイク模様の壁、LED照明などを用いたナチュラルで清潔感のあるバスルーム。  [オフローラ]1616サイズ

一般的なシステムバスに多く設定されている浴槽(バスタブ)の素材は、人工大理石やFRP。メーカーによっては、ほうろうやステンレスを揃えた商品もみられます。人工大理石でも、いくつかの種類(ランク)を設定するケースもありますし、メーカー独自に開発した素材などを用意したシステムバスも。いずれもメーカーや商品によって、素材感や色合い、お手入れ方法などが異なります。また、標準仕様なのか、価格がアップするのかなどを確認することも大切でしょう。

最近の浴槽の傾向は、形状が豊富になってきていること。ゆったりと身体を伸ばせたり、半身浴ができるように座れる部分を設けたり、広がりを実現するため曲線を取り入れたタイプも。居心地の良さやデザイン性、安全面を考慮した形状の浴槽が多くみられるようになりました。

その他、断熱効果を高めた浴槽も人気となっています。湯温が低下しにくいので、入浴時間がばらばらな家庭でも追焚機能を使うことが少なくなり経済的なのも魅力。また、浴槽のフタにも、断熱性能を高めたタイプが用意された商品もあります。

内装材  デザイン性が高まった壁材、お手入れしやすい床材

カビの栄養の素「可塑剤」を用いない壁。木目柄や石目柄なども揃う。[オフローラundefined壁パネルundefinedモザイク硝子ブラウン柄]

カビの栄養の素「可塑剤」を用いない壁。木目柄や石目柄なども揃う。[オフローラ 壁パネル モザイク硝子ブラウン柄]

空間イメージを左右する壁材(壁パネル)は、カラーバリエーションが豊富になり、石目調や木目調、タイル調など、自然の風合いを感じる柄も多くみられるようになりました。透明感のあるタイプや表面の凸凹によって立体感を持たせたタイプなども。四面を同じ壁パネルでまとめるだけでなく、一面に異なるパネルを選びアクセントとするプラン提案などもみられ、わが家ならではの個性的な空間とすることも可能でしょう。

また、床材は、独自の表面加工を施し、排水効率を高め乾きやすいタイプが多くみられ、冬場でも冷たくないものやクッション性のあるものなども。ホワイト、ベージュ、グレー、ブラックなどのベーシックな色合いが揃っています。

窓  開放感のある出窓や引き違い、テラス窓なども

戸建ての場合、窓プランによって、バスルームの快適性が大きく異なるもの。開放感を生み出すとともに、換気のためにも重要なパーツといえるでしょう。窓のプランは間取りや建物の構造などと大きく関わるので、浴室にどんな窓を取り入れたいかは、早めに検討することが大切です。

システムバスのアイテムとしては、開放感のある出窓や引き違い、テラス窓を揃えたタイプもみられますし、ルーバー窓や外開き窓など換気に配慮されたタイプも。ブラインドや面格子などを設置することも可能なものもあり、敷地環境に適したタイプを選ぶことができるでしょう。

出入口扉  折れ戸や開き戸。開口部が大きく取れる3枚引き戸なども

広々とした開口部が確保できる3枚引き戸タイプ。undefined[オフローラundefined3枚引き戸(シルバー)]

広々とした開口部が確保できる3枚引き戸タイプ。 [オフローラ 3枚引き戸(シルバー)]

出入口扉は、一般的な折れ戸タイプや開き戸(ドア)のほか、引き戸タイプなども揃い、開口部を広く取ることのできる3枚引き戸も注目されています。デザイン的にはすっきりとしたタイプが多くみられますが、隣接する洗面脱衣室とのつながりや空間に広がりを持たせるために、半透明だけでなく、透明強化ガラスを用いたタイプも揃っています。

また、お手入れのしやすさも高まっており、カビや汚れが溜まりにくいように、換気口の位置や形状に工夫を施し掃除がしやすいように工夫したタイプも。パッキンそのものをなくしたり、カビの発生・浸透を抑えたパッキンを採用したものなどもあります。

水栓・シャワー  節水性や操作性、デザイン性がアップ

ワンタッチで簡単に操作できる水栓。LED内蔵の光るボタンや、お湯の温度や流量がひと目で分かる液晶表示。undefined [オフローラundefined洗い場側水栓undefinedらくピタ水栓(ブラックカバー)]

LED内蔵の光るボタンや、お湯の温度や流量がひと目で分かる液晶表示。  [オフローラ 洗い場側水栓 らくピタ水栓(ブラックカバー)]

システムバスに設定されている水栓金具やシャワー水栓は、操作性はもちろん、節水機能を高めたタイプが揃っています。洗い場・バス兼用水栓であれば、シングルレバータイプのサーモスタット機能付きが一般的。デザイン的には、すっきりとしたシャープなタイプが多く、空間に馴染むようにカウンターと一体化したものやタッチタイプなどもみられます。

その他、さまざまな水流を楽しむことができる多機能シャワーやオーバーヘッドシャワーなどが用意された商品もみられるようになりました。

鏡・収納・カウンター  すっきりとしたデザイン、大きめなミラーも

鏡のデザインは、縦長や横長のタイプが多くみられます。大きめのタイプを取り入れることで空間に広がりを持たせることも可能でしょう。また、細かな収納スペースを工夫した商品も増えています。カウンターの下にシャンプーなどのボトルを収納できたり、壁に数段の棚を設けたり、デザイン性の高いメタル調の棚なども揃っています。カウンターは通常、洗面器を置く台として用いられますが、ベンチ機能を持たせたタイプなどもみられるようになりました。

照明  空間に溶け込むようなデザイン、天井に埋め込まれたLEDも

照明器具も明るさの確保はもちろん、スペースの広がりを実現するため、スリムなタイプや天井埋め込みタイプなど空間に溶け込むようなデザインが増えてきています。壁面を均一に明るくするような演出効果の高い照明プランを取り入れることができる商品もみられます。また、省エネ効果の高いLEDを設定したタイプも増えてきており、天井や壁に埋め込んだデザインなどが用意されています。

システムバスのプランは、商品ごとに設定された基本的なパーツやアイテムを選び、組み合わせることが基本。実際には、好みや予算に近い基本パターンから、変更や追加、削除等しながら、プランニングを進めることになるでしょう。在来工法と異なり、システムバスはショールームで事前にその空間を体感できるのが大きなメリット。設計担当者はもちろん、ショールームのアドバイザーなどの意見も参考に、実際の商品を確認した上で、検討することが満足いくバスルームづくりのポイントです。


【関連記事】
サイズ、デザイン、商品傾向etc. システムバスの種類と特徴
システム、在来、ハーフユニットetc.浴室の種類と特徴
浴槽(バスタブ)のタイプと設置方法
浴槽(バスタブ)の素材 種類と特徴
浴室扉・ドアの基礎知識
バスルームの省エネ設備
浴槽用や洗い場用、シャワーetc. 浴室の水栓金具の種類
バス水栓の基礎知識
シャワーバス水栓 基礎知識
多機能シャワーの基礎知識
ショールーム活用法 -システムバス編-



匿名で優良会社にリフォーム相談!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。