浴室に設置される水栓金具には、浴槽に使う水栓、洗い場に設置する水栓、浴槽と洗い場兼用の水栓、シャワーなど、いくつかの種類があります。その中で、洗い場に設置する水栓は、水栓のみのタイプもありますが、シャワー機能を付加させるケースが多く、シャワーバス水栓と呼ばれることもあるものです。ここでは、主に洗い場に設置する水栓(シャワーバス水栓)の種類と特徴、選び方の注意点をまとめました。

[写真協力]  LIXIL 

設置方法や操作方法でいくつかの種類がある

洗い場スペースを広々使える吐水口の短いタイプ。すっきりとしたデザインが特徴。[サーモスタット付シャワーバス水栓undefinedジュエラ]undefined

洗い場スペースを広々使える吐水口の短いタイプ。すっきりとしたデザインが特徴。[サーモスタット付シャワーバス水栓 ジュエラ] 

洗い場の水栓金具を設置方法で分類すると、洗い場の壁面に取り付ける壁付きタイプとカウンターや浴槽縁部分などに設置するデッキタイプ(台付きタイプ) のふたつに分けることができます。短い吐水口のタイプを選べば、洗い場スペースを広く使うことができるでしょう。

また、形状には、ツーハンドル(2バルブ)とシングルレバーがあり、ツーハンドルは給湯と給水のハンドルが別になっているもの。ふたつのハンドルで、温度と流量を調節する湯水混合栓(好みの温度となった湯水がひとつの蛇口から出てくるもの)です。ひとつのレバーハンドルの上下操作で吐水・止水ができ、左右の操作で湯水の混合ができるのがシングルレバー混合水栓。片手でも操作できるのが特徴でしょう。

使いやすく安全性に配慮されたユニバーサルデザイン

押すだけの簡単操作。プッシュ式のサーモスタット付シャワーバス水栓。[一般水栓(プッシュ式)]

押すだけの簡単操作。プッシュ式のサーモスタット付シャワーバス水栓。[一般水栓(プッシュ式)]

浴室に用いる水栓金具すべてに言えることですが、誰にでも使いやすく安全性に配慮されたものも多くみられ、大きなハンドルやスイッチを押すことで吐水・止水するタイプなどが各メーカーから提案されています。操作しやすい工夫を施すことで、節水や省エネの効果も期待できると同時に、握力のないお年寄りや子供でも操作がしやすいユニバーサルデザインと言えるでしょう。

また、一定の温度を保ち給湯するサーモスタット混合水栓は一般的に。自動的に湯水を調整して設定したお湯の温度を保ち続けることができるので、水圧や水流が変化しても急激に温度変化することもないのが特徴です。

その他、浴槽近くに設置し、浴槽と洗い場兼用の水栓とするのであれば、設定した湯量に達すると自動的に止水する機能がついた定量止水機能のタイプなどを取り入れても。ただし、給湯器の機能によって浴槽内の循環口からお湯張りや追い焚き、差し湯などの給水・給湯を行う場合は、定量止水機能は必要ないでしょう。

節水性と快適性がアップしたシャワーから好みに合わせ選択

吐水口が長い兼用水栓。さまざまなシャワーヘッドと組み合わせることが可能。[浴槽・洗い場兼用undefinedサーモスタット付シャワーバス水栓undefinedクロマーレ]

吐水口が長い兼用水栓。さまざまなシャワーヘッドと組み合わせることが可能。[浴槽・洗い場兼用 サーモスタット付シャワーバス水栓 クロマーレ]

シャワーバス水栓には、いくつかのハンドシャワーが設定されており、予算や好みに合わせて選ぶことが可能です。節水機能を持つシャワーは一般的になってきており、手元でオンオフできる節水ボタンが付いているタイプなどは使い勝手もいいでしょう。最近では、節水機能を高めつつ、浴び心地の良さもアップさせたシャワーなどもみられます。

また、吐水のバリエーションを持つ多機能シャワーも人気のアイテム。小さい水滴のミストシャワーや適度な勢いのあるスプレー、マッサージ効果のあるものなど、メーカーや商品によってさまざまなので、選ぶ際には、実際の水流をショールームで確認することが大切です。

デザイン性も高まり輸入品も豊富に。システムバスではオリジナルの形状も

カウンター一体型のシンプルデザイン。ボタンを押す、レバーをスライドするだけの簡単操作。[アライズundefinedプッシュ水栓]

カウンター一体型のシンプルデザイン。ボタンを押す、レバーをスライドするだけの簡単操作。[アライズ プッシュ水栓]

最近の水栓金具のデザインは、すっきりとしたシンプルなものが多くみられ、国内のものだけでなく海外の商品バリエーションも豊富になってきています。シャワーバーなども提案されており、オリジナルの空間コーディネートも可能。全体的には、モダンでシャープなデザインが人気のようですが、エレガントな雰囲気を持つ商品などもみられます。タオル掛けなどアクセサリー類とコーディネートできるものもあり、空間のイメージに合わせて選ぶことができるでしょう。

また、新築やリフォームで多くの方が取り入れるシステムバスでは、デザインコンセプトに合わせてカウンターやバーなどに水栓機能を組み込むなど、メーカー独自も提案もみられます。選ぶ際には、ショールームで実際に操作するなどして、使い勝手の確認をすることが大切です。実際の入浴スタイルをイメージしながら、機能やデザインをチェックすること。実際に水を流すことができるコーナーを設けたショールームも増えているので、積極的に利用することをおすすめします。


【関連記事】
浴槽用や洗い場用、シャワーetc. 浴室の水栓金具の種類
水栓金具の種類と特徴 基礎知識
節水型水栓の基礎知識
浴槽に湯水を貯める バス水栓の種類と特徴&選び方
多機能シャワーの基礎知識
システム、在来、ハーフユニットetc.浴室の種類と特徴


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。