バスルームや洗面室は、ゆったりと心地よい空間としたいもの。使い勝手や機能性、デザイン性なども重要ですが、新築やリフォームの際には、ホテルのような美しく、高級感のある空間を望む方も多いではないでしょうか。ここでは、ホテルにみられるようなバス・サニタリーを実現するポイントをまとめました。

空間のつくり方、つながり方を参考にする

デュラビット社とフィリップ・スタルクのコラボレーションによるシリーズ。洗面器や手洗器、バスタブなど多岐にわたり、多くの住宅やホテルに用いられている。[ドイツ・DURAVIT(デュラビット)社の「STARCK(スタルク)」シリーズ]undefinedセラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

デュラビット社とフィリップ・スタルクのコラボレーションによるシリーズ。洗面器や手洗器、バスタブなど多岐にわたり、多くの住宅やホテルに用いられている。[STARCK(スタルク)シリーズ] セラトレーディング 

居心地のよさを追求したホテルのバス・サニタリー。そのゆったりとした空間づくりは、参考になる部分も多いでしょう。

ホテルでよくみられるプランは、バスルームと洗面、トイレがひとつの空間に組み込まれたスリーインワンと呼ばれるスタイル。一般的な住宅に取り入れるケースは多くはありませんが、空間を有効利用出来ることから、スペースに限りのある狭小住宅などではプランニングされることも。ひとつの空間なので、デザインもまとまりやすく、広々と感じることもできるのがメリットでしょう。プランによって、ある程度の間仕切りが必要なのであれば、ガラスを用いたり、シャワーカーテンを取り付けるなどしてもいいでしょう。

また、リゾートホテルのように、屋外と直接つながるようなプランも心地よいもの。ウッドデッキを設けるなどして、開放感のある空間づくりも考えられるでしょう。

バスルームや洗面室のプランニングについては、次の記事にまとめています。
システム、在来、ハーフユニットetc.浴室の種類と特徴
サニタリー(浴室・洗面室・トイレ)プランの考え方

バスタブや洗面器などにこだわる

しっとりとしたマットな質感の人工大理石を用いた、船のような丸みのあるデザイン。同じデザインの洗面台も揃い、トータルにコーディネートすることも可能。[CEY41814undefinedバスタブundefined1800×900mm]undefined セラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

しっとりとしたマットな質感の人工大理石を用いた、船のような丸みのあるデザイン。同じデザインの洗面台も揃い、トータルにコーディネートすることも可能。[CEY41814 バスタブ]  セラトレーディング 

空間のつくりと同時に、こだわりたいのがバスタブや洗面器などの設備機器。身体が伸ばせるような洋風バスタブ、据え置きタイプなど個性的なバスタブを取り入れても。立ち上がり部分にタイルを用いたり、床に埋め込むなど、設置方法に工夫を持たせてもいいでしょう。

洗面は、一般的な住宅では洗面化粧台が多く用いられますが、造作カウンターにデザイン性の高い洗面ボウルを設置したり、ペデスタルタイプ(台付き洗面器)を選んでも。いずれも、国産の商品だけでなく、海外の商品を扱うメーカーもあるので、ショールームで実際に確認することが大切でしょう。

バスタブや洗面については、次の記事にまとめています。
浴槽(バスタブ)のタイプと設置方法
洗面化粧台選びの基礎知識 -種類と特徴-

空間のアクセントともなるシャワーや水栓金具に凝る

空間に馴染みやすいデザインのシャワー。壁にすっきりと収まる、サーモスタット式埋込形湯水混合栓も揃う。[「C1」シリーズundefinedシャワーセット]undefined セラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

空間に馴染みやすいデザインのシャワー。壁にすっきりと収まる、サーモスタット式埋込形湯水混合栓も揃う。[C1シリーズ シャワーセット]  セラトレーディング

バスタブや洗面器と同様に、空間のアクセントともなり使い勝手を左右するのが、水栓金具やシャワー機器。最近では、天井や上部からの水流を楽しむことができるタイプ、個性的なハンドシャワーなどもみられるようになり、デザインやスタイルも豊富です。シンプルでモダンなタイプも多く、水栓金具とセットとなったシリーズもみられます。

また、バスタブを設けず、シャワールームだけというホテルもみられますが、生活スタイルや間取りによっては、検討しても。寝室に隣接させるなどのプランも考えられるでしょう。多機能シャワーなどを取り入れて、快適性を高めてもいいかもしれません。

シャワーについては、次の記事にまとめています。
浴室の洗い場に設置する シャワーバス水栓の選び方
多機能シャワーの基礎知識

プラスアルファの快適機能を取り入れる

気泡機能がついたバスタブ。飲み物や小物を置くスペースもある形状は、長時間の入浴が楽しめる。[XSITE浴槽]undefinedLIXILundefined http://www.lixil.co.jp/

気泡機能がついたバスタブ。飲み物や小物を置くスペースもある形状は、長時間の入浴が楽しめる。[XSITE浴槽] LIXIL 

より居心地のよさを高めるために、快適機能をプラスしてみてもいいでしょう。ホテルのバスルームでみられる快適さを高める機能としては、ジェット噴流機能付きのバスタブやバスタブ内に照明を組み込んだものなど。居心地よく、リラックスすることができるでしょう。また、ゆったりと長い時間をバスルームで過ごすことができる工夫としては、テレビやスピーカーなどを設置したプランもみられます。くつろぎ方に合わせて、取り入れてもいいでしょう。

内装材や照明にオリジナリティを持たせる

undefinedホワイトカウンターの洗面とモザイクタイルでナチュラルなスタイルに。優しい光を生み出す照明もアクセントに。undefined[洗面ドレッシングCline(シーライン)] パナソニックエコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

ホワイトカウンターの洗面とモザイクタイルでナチュラルなスタイルに。優しい光を生み出す照明もアクセントに。 [洗面ドレッシングCline(シーライン)] パナソニックエコソリューションズ

バス・サニタリー空間は、内装材の使い方を工夫することで、空間のイメージも大きく変わります。ホテルなどで多く用いられるタイルは、種類も豊富に揃う素材。組み合わせ次第でさまざまなデザインを生み出すことができるでしょう。大判のタイルや濃い色のタイルで高級感を、モザイクタイルで個性を出すなど、さまざまなコーディネートが考えられます。

また、照明プランも重要なポイント。バスルームでは、安全を確保できる明るさは必要ですが、抑えた光の中でリラックスしたいなど、シーンに合わせた照明が実現できるように、調光機能を設けても。洗面では、洗顔や化粧のしやすい明りを確保しつつ、インテリアのポイントになるようなデザインを選んでもいいでしょう。

個性的な空間を演出できるシステムバスを選んでも

肩湯やジェット機能、打たせ湯、オーバーヘッドシャワー、打たせ湯、素材感のある内壁材、照明や大画面の浴室テレビなど快適機能が設定されたシステムバス。[スパージュ]undefinedLIXILundefined http://www.lixil.co.jp/

肩湯やジェット機能、打たせ湯、オーバーヘッドシャワー、打たせ湯、素材感のある内壁材、照明や大画面の浴室テレビなど快適機能が設定されたシステムバス。[スパージュ] LIXIL

ホテルのようなバス・サニタリー空間をつくる場合、設備や建材をひとつひとつ選び、現場で施工するタイプとなるケースが多くみられますが、最近ではシステムバスでも、高級感があり、居心地やデザイン性を高めたタイプもみられるようになりました。

高級素材のバスタブ、多機能シャワーやスタイリッシュな照明などが設定された商品、洗面化粧台とデザインやカラーをコーディネートできる商品なども多くみられるようになりました。空間をトータルにプランニングすることが可能なので、バス・サニタリーにまとまりも生まれるでしょう。

システムバスについては、次の記事にまとめています。
サイズ、デザイン、商品傾向etc. システムバスの種類と特徴
システムバスのオプション、どんなものがある?

ホテルのようなバス・サニタリーにしたい、といっても、さまざまなデザインや空間づくりがあるものです。わが家に取り入れたいのであれば、何を重視したいのかを明確にすること。都会的なモダンな雰囲気なのか、アジアンテイストなのか。また、空間のつくりに魅力を感じるのか、スタイリッシュなデザインのバスタブや機器を取り入れたいのか、優先順位を考えてみましょう。プランニングの際には、憧れるホテルや気になる設備機器の写真をスクラップしてみるのもひとつの方法。自分の好みがはっきりするのと同時に、設計担当者にも、イメージが伝わりやすくなるものです。




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。