便器と床のスキマ汚れはトイレの臭いの原因に

便器と床のスキマには……

リフォームを実施する前の個人宅のトイレ。便器を外した後の床には……(筆者撮影)

リフォームの専門家である筆者がトイレの解体時によく見るのが、便器を外した後の床の汚れ。こちらはリフォーム前のトイレの様子なのですが、便器を外した後の床には、便器の跡がくっきりと残り、そこからお馴染みの“トイレの臭い”がしていました。

こちらのお住まいでは、男性が立って小便をするせいか特に汚れがひどく、手前側には尿石も見られました。尿石とは小便の成分が固まったもので、トイレの臭いの原因になります。

また座って小便をしていても、尿が先端の縁から便器を伝わって床に垂れることがあり、それが便器と床のスキマに入り込んでしまうことも。

トイレ掃除の際には、このスキマにお掃除用シートを差し込んでいる方も多いと思いますが、トイレは狭いので屈むのもひと苦労。また奥までキレイにするのは難しく、どうしても汚れと臭いが残ってしまいます。
 

床から浮いている便器ならスキマ無し、立ったまま掃除ができる

フロアモップで立ったまま掃除ができる床から浮いている便器。掃除が格段に楽になる(フロート トイレ/LIXIL)

フロアモップで立ったまま掃除ができる、床から浮いている便器。掃除が格段に楽になる(フロート トイレ / LIXIL

そんな悩みを解決してくれるのが、床から浮いている便器です。便器を床に置くのではなく、壁に取り付けることで床から浮かせて設置ができるようになっています。

浮いている便器は、メンテナンスがしやすいため、これまで主に公共のトイレで使われてきましたが、もっと掃除を楽にしたい!という要望に応え、家庭用トイレにも登場しています。

これなら悪臭の原因となっていた汚れがたまるスキマはなく、床を掃除する際も、立ったまま楽な姿勢で、お掃除モップなどでさっとキレイにできます。
 

床面が見えると、トイレの個室もスッキリ広く見える

足もとがスッキリするとトイレが広く感じられるように。丸みを帯びたデザインがとてもキュート。背面には間接照明(フロート トイレ/LIXIL)

足もとがスッキリするとトイレが広く感じられるように。丸みを帯びたデザインがとてもキュート。背面には間接照明(フロート トイレ / LIXIL

浮いている便器のもうひとつのメリットは、トイレ内を広く感じさせる効果があることです。狭い部屋を広く見せるコツは、床面を見せること。便器が浮いていれば、床面が奥まで見えるようになるので、空間が広く感じられるようになります。

またタンクや配管、コード類を背面のキャビネット内に隠すことができるので、余計なものが見えず、すっきりとした印象になります。
 

何キロまで耐えられる? 設置の注意点も

独自のフレーム構造で浮かせるフロート トイレ。フレームはキャビネット内に納められ、そこにタンクを設置します(フロート トイレ/LIXIL)

独自のフレーム構造で浮かせるフロート トイレ。フレームはキャビネット内に納められ、そこにタンクを設置します(フロート トイレ / LIXIL

浮いている便器で気になるのが、何キロまで耐えられるかということ。

浮いているトイレは、便器を支えるフレームを背面パネルの中に設置する構造です。床と壁で荷重を分散させるように設計されていて、強度実験で、先端近くに220kgの荷重を10分間加えた時でも便器が破損しないことを確認しています。

注意したいのが、背面のキャビネット内に架台やタンク、コード類を隠す仕組みなので、上の写真の場合は、便器+キャビネットで87cmの寸法が必要になること。

トイレスペースは、便器寸法+40cmが最小寸法となり、できれば余裕をもって+55cmは欲しいところ。そうなると、トイレの奥行き寸法は142cm以上あるといいでしょう。

また荷重を支えるためには、壁と床の強度が必要です。取り付けリフォームができるかどうかは、工事店と相談しながら進めましょう。

日本のお家芸ともいえる、便利で快適なトイレ設備。上手に取り入れて毎日をさらに便利に快適にお過ごしくださいね。


【関連記事】
トイレの「大」「小」、使い分けてる?水量の違いや“正しい”使い方をTOTOに聞いた
キッチンで使う「お湯」は何℃が正解?シンクに「熱湯」はNG?
「トイレ」を見ればわかる? 住む人の本質と価値観

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。