トイレリフォームで悩みの種となるのが床材選びです。水だけでなく、アンモニア、強い洗剤が飛び散る過酷な環境にあるので、いわゆる普通のフローリングでは耐えられません。今回はトイレにぴったりな床材いろいろをご紹介します。

トイレリフォームで人気のフローリング張り、果たして大丈夫?

床の大事な機能

トイレの床は水だけでなくアンモニア、強力な洗剤も飛び散る場所。

トイレのリフォームでは、他の部屋と同じようにフローリングにしたいという要望が多いのですが、注意が必要です。

フローリングは木です。基本的に木は水に弱く、アンモニアや強力なトイレ用洗剤が付くと、腐食したり変色したりしてしまいます。

いくらまめに掃除をして、トイレマットを敷いても、飛び散り範囲は想像以上に広く、また便器の付け根に垂れてくることもあるため、あっという間に黒い染みができてしまうことが少なくありません。

実際にあった失敗に、リビングの床に合わせて、トイレもパインの無垢材を敷いたところ、1年も経たないうちに黒い染みが点々とでき、結局上からクッションフロアを敷くことになったというケースがあります。

トイレの床は他の部屋とは全く違う、過酷な状況にあることを忘れずに!まずは美しさが長持ちするよう水、アンモニア、洗剤に強い材料を選ぶこと、そしていつも清潔を保てるよう掃除がしやすい床材を選んで張替えリフォームをしましょう。

 

トイレの床にフローリングを張りたい時は、必ず性能を確認して

トイレの床にフローリングを張るリフォームをしたい場合は、表面の耐久性をよくチェックしましょう。最近のフローリングは、本物の木の風合いを再現した特殊な化粧シートで仕上げられた、アンモニアや洗剤に強い製品があります。

トイレ用フローリング板目調

サニタリー用の幅広フローリング。高級感があり、美しさが際立つ(アーキスペックフローリングA/パナソニック


ただし水に強いと書いてあるフローリングでも、アンモニアには弱いことも多いので、耐アンモニアと表記してあるタイプを選ぶことが肝心です。

また表面がアンモニアに強くても、フローリングの継ぎ目から染みこんでしまえば臭いの原因になります。トイレにフローリングを敷く際は、接合部に水が染みこまない構造であること、もしくはシリコンを注入するなどの工事の工夫が必要になります。

トイレの臭いの元を分解、リフォームで使いやすい床用大型セラミックタイル

タイルの魅力は何と言ってもその質感と高級感、そして美しさを保ち続ける寿命の長さにあります。また濡れたモップでサッと拭けるので、掃除がラクにできるのも大きなメリットです。しかし気になるのが目地の汚れです。

そんな時に便利に使えるのが、トイレ専用の大型セラミックタイルです。大きな1枚ものなので、一番汚れやすい便器のまわりに目地ができないのが嬉しいところ。サッと拭くだけで床の掃除が簡単にでき、タイルなので耐久性は抜群、美しさが長持ちします。

トイレ用床セラミック

光触媒を利用した臭いをおさえる大型セラミックタイル。ナチュラルホワイトや大理石調のカラー等が色柄も豊富(ハイドロセラ・フロア/TOTO


上の写真のセラミックタイルは光触媒を利用したハイドロテクトが、臭いや汚れのこびりつきを防ぎ、抗菌効果を発揮します。厚さは12mmなので、周辺のフローリング材と高さをあわせやすく、リフォームで使いやすい床材です。

トイレはお客様が使う機会も多いので、高品質な空間にしておきたいもの。タイルを使えばひとクラス上のサニタリールームを作ることができます。

安いだけじゃない、デザイン豊富でリフォームが楽なクッションフロア

トイレの床を手ごろにイメージチェンジしてくれるのは、CFシート・クッションフロアシートと呼ばれる長尺塩ビシートです。ビニールですから水拭きができて、値段が安く、リフォーム工事もとても簡単です。

トイレ用床クッションフロア

大理石模様のクッションフロアシート。掃除が簡単で、安くリフォームできるのが魅力(サンゲツ


上の写真は、大理石模様のクッションフロアを張ったトイレの様子です。クッションフロアの魅力はその色柄の豊富さにあります。ビニールっぽさを抑えたマットな質感や、最近流行のモロッコ調のカラフルな柄、本物そっくりのコルクやフローリング柄などもあり、様々なテイストのインテリアが作れます。

リフォーム前にチェック!トイレの床材選び4つのポイント

いかがでしたでしょうか。トイレの床選びは、他の部屋とは基準が違います。床の張替えリフォームの際は、以下の4つの点を忘れずにチェックしておきましょう。

  1. アンモニア・洗剤・水に強いこと。
  2. 掃除がしやすく、臭いを防いで清潔に保てること。
  3. リフォーム費用がかさまず、工事がしやすいこと。
  4. お客様を招くことができる品質を維持できること。

また下記では、床選びの失敗で染みになった床、濡れた便座、暗い、臭いなど、トイレリフォームでの失敗実例をご紹介していますのであわせてご覧下さい。 そしてもうひとつ、トイレで多い悩みと言えば収納です。本当に吊戸棚だけで大丈夫?下記に使いやすいトイレ収納の作り方をご紹介していますのでご覧になってみて下さい。 【関連記事】

Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。