トイレの壁にペンキ塗りをしておしゃれに変身させましょう。イマドキはDIYリフォームで簡単にできる水性塗料があります。今回は、ビニールクロスの上から塗装して内装をリフレッシュした実例と、色選びの参考になる海外の事例もご紹介します。

トイレの壁の1面だけにペンキを塗ってアクセントに

リフォーム前のトイレの様子です。壁は白いビニールクロス仕上げで、何となく味気ない感じ。そこでこの壁紙の上からペンキを塗って、イメージチェンジすることにしました。

古いトイレ画像

リフォーム前のトイレの内装の様子。白いビニールクロスの壁。


まずはどの部分を塗るかを考えます。トイレの場合、4面全部を塗ると圧迫感や狭さを感じてしまう可能性があります。そこで今回は、便座の正面の壁をアクセントにすることにしました。

一面だけペンキ塗り

塗装するのは4面の壁のうち1面だけ。アクセントにする。

ペンキを塗るのは、右の図の部分です。ここならトイレのドアを開けた時に、白い壁面とのコントラストが美しく見えます。また便座の正面なので、座った時にカラフルな色が楽しめます。

何よりこの1面だけなら、便器の取り外しは不要ですし、スキマも無いので、四角くペイントするだけ。DIY初心者でも簡単にできます。

 

水性塗料はDIYリフォームにぴったり、色選びも楽しい

次は色選びです。使用するのは、ビニールクロスの壁紙の上から手軽に塗ることができる水性塗料。油性と違って扱いが楽なので、DIYリフォームにぴったりです。色数が豊富なので、様々なイメージのインテリアを作ることができます。

色見本

アメリカの塗料ブランド、ベンジャミンムーアの水性塗料の色見本。色数は約3,600色(ベンジャミンムーア


今回の色選びのポイントは3つ、狭い面積でも圧迫感が無いこと、白いビニールクロスの壁と美しいコントラストを描くこと、明るい木目調のドアや枠まわりと合うことです。

というわけで、アメリカのブランド塗料、ベンジャミンムーアの色番号#465のantique jade、アンティークな翡翠色をセレクトしました。ベンジャミンムーアは色にそれぞれ楽しい名前がついています。ツヤはエッグシェルと呼ばれる2~3分艶を選びました。

色見本大型

色番号#465のantique jade。落ち着いた明るさがある。


壁のペンキ塗りではツヤ選びも大切です。ツヤにこだわると、おしゃれ度が大幅アップ!インテリアのイメージに合わせて選びましょう。またツヤがあるほど掃除が楽になりますので、トイレやキッチンでは水拭きがしやすいよう、2~3分艶以上がお勧めです。

ペンキ塗りの道具は養生テープとビニール、刷毛、ローラー

では壁のペンキ塗りスタートです。まずは養生から。はみ出したり垂れたりしないように、塗らない部分を丁寧にビニールで覆い、養生テープを貼ります。DIYリフォームでのペンキ塗りの成功の秘訣はこの養生にあり!ここを丁寧にやっておくと、後がラクに進みます。

作業手順1

養生したら、まずは刷毛を使ってていねいに縁取りから仕上げていく。


養生が終わったら、刷毛を使ってていねいに縁取りを塗っていきます。水性塗料は伸びがいいので、するすると簡単に進みます。

ローラーで一気に仕上げる!トイレの壁に色がついた

トイレの正面の壁の縁取りが完了したら、次はローラーで真ん中部分を一気に塗ります。コロコロと平均的な力で、軽く転がすようにします。

1回目が塗り終わったら1時間ほど放置、表面が乾いたら、上からもう一度塗ります。水性塗料は2度塗りが基本です。そうすることで、ムラのない美しい色に仕上がります。

作業手順2

ローラーで真ん中を一気に。2回塗りをするとムラなく仕上がる。


次のページでトイレの壁のペンキ塗りが完成!海外の事例もご紹介します。