旅の途中、その時々の感動や感想をフランス語で表現できると旅も一層楽しくなるでしょう。そんな表現には、「きれい」「大きい」などの形容詞が必要です。
イメージ画像

旅の感想や感動を表現したいですね


ここでは、簡単な形容詞と基本的な文法のルールを紹介します。


形容詞を使う表現

形容詞を使うのに、いちばん簡単なのは

・それは~です 
C’est ~ (セ ~)
イメージ画像

大きい C'est grand !



という表現だと思います。 
に、形容詞を入れて使います。

大きい grand グらン
かわいい mignon ミニョン
きれい joli ジョリ
感じの良い sympathique サンパティック
すばらしい magnifique マニフィック

この表現で使う形容詞は、男性形です。
えっ、男性形? そうなんです。フランス語の形容詞には性があります。


語形の変化

フランス語の形容詞は、修飾する名詞の性と数に応じて語尾が変化します。名詞を直接修飾する場合も、動詞 être の後につく場合も同じです。

性の変化は、基本的に 男性形 + e = 女性形 となっています。

背が高いという意味を表すgrand (グらン) が、être の後につく場合を例にとってみましょう。男性形 grand (グらン) + e = 女性形 grande (グらンドゥ) となり、発音が変します。

Il est grand. (イ レ グらン) 彼は背が高いです
Elle est grande. (エ レ グらンドゥ) 彼女は背が高いです

※ ただし、男性形でも e で終わる形容詞は、男女同形です。


複数形にするには、男性形、女性形それぞれの単数形の語尾に s をつけます。単数形 + s = 複数形 で、語尾に付く s は、発音しません

Ils sont grands. (イル ソン グらン) 彼らは背が高いです
Elles sont grandes. (エル ソン グらンドゥ) 彼女たちは背が高いです

※このほかにも、
  • 違う規則で変化する形容詞
  • beau (美しい)、vieux (古い) などのように、男性形・女性形でまったく違う形容詞
もあります。

次のページでは、形容詞の位置について説明します。