デコルテが出る服を着て自信が持てますか?

顎と首をシェイプアップして小顔を目指しましょう

顎と首をシェイプアップして小顔を目指しましょう

どんなに美しくメイクをしても、年齢や不摂生を隠せないのが「アゴ」と「首」、そして首から胸元までの「デコルテ」です。華々しくレッドカーペットを歩くハリウッド女優になった気持ちで、自分がローブデコルテのドレスを着た姿を想像してみてください。あなたは自信を持って、余裕のほほえみでカメラに向かえますか?

顔全体の筋肉が衰えると、最終的に口角横にブルドッグラインと呼ばれる、老化を表すシワができます。そして垂れたお肉はアゴについて二重アゴに!? 首やデコルテのシワになり、ドレスを着ても何だかもったりした貫禄ある姿になってしまいます。メイクでは隠せないアゴから首、デコルテを鍛えて、ドレスの似合うオンナになりましょう!
   

二重アゴ、たるみの原因は?

二重アゴやたるみは年齢のせいばかりと思ってませんか?
スマートフォン・携帯などを見ることが多く、顔を斜め下にしている状態が続くと、口元からアゴ、首までのたるみを引き起こす原因にもなります。

若い人たちは、軟らかい食べ物やのどを使わないしゃべり方によって、アゴから首にかけて広い範囲にある「広頚筋(こうけいきん)」を使わないために、それほど太っていないのに二重アゴや首のシワが目立つこともあるのです。

特に首周りはリンパが密集しているので、筋肉を動かさないとリンパの流れも滞り、顔がむくみやすくなります。ここをしっかり動かすことで、リンパを流して、アゴ周りのたぷたぷお肉を撃退し、スッキリ小顔に見える効果も期待できます。「ひっひっひー」のポーズで、たるんだ二重アゴを撃退しましょう!
 

二重顎・たるみをシェイプアップ!「ひっひっひー」の顔ヨガポーズ

今回の顔ヨガは「ひっひっひー」のポーズ。
「ひっ」と声に出して首の筋を立て、デコルテの筋肉まで引き上げていきます。リズミカルに筋肉を引き上げることでより効果的なリフトアップを目指します。




 
「ひっひっひーー」と首の筋を立てるようにして、アゴから首、バストの筋肉を引き上げます。

「ひっひっひーー」と首の筋を立てるようにして、アゴから首、バストの筋肉を引き上げます。

1.顔は正面を向いたままデコルテに手を重ね軽く下にひっぱります。「ひっひっひーー」と3回首の筋を立てるようにして、アゴから首、バストの筋肉を引き上げます。
 
「ひっひっひー」と合計10セット行います。

「ひっひっひー」と合計10セット行います。

2.「ひっひっひー」1拍休憩「ひっひっひー」1拍休憩と続けて5セット行ったら、重ねた手の上下を反対にして、残り5セットを行いましょう。
 
しっかり首の筋が立つかどうか確認。

しっかり首の筋が立つかどうか確認。

【ポイント】
最初は鏡で見ながら、しっかり首の筋が立つかどうか確認してください。口角を横に引きながら、上げたり下げたりしてみて、自分の首筋が一番立ちやすい口の形を見つけましょう。

どうしても広頚筋が動かせない場合は、デコルテに重ねた手のひらで少し上に押し上げてコツをつかみましょう。
 

筋肉痛になったら効いてる証拠!

最初はできなくても、一度首の筋を立てるコツを覚えてしまえば、後はラクにポーズが行えます。10セット行うと翌日アゴ周りや首が少し筋肉痛になるかもしれません。このポーズは筋肉にしっかり力を入れて行うので、筋肉痛は効いている証拠!

お風呂に入った時に鏡の前で行い、バストトップが数cm上がるぐらい持ち上げてみると効果バツグン!毎日10セット行うと1~2週間程度で首のシワが薄くなり、アゴ周りもスッキリしますよ。がんばって続けてみましょう!


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。