リバウンドしやすい季節を乗り越えましょう!

013

行楽シーズンは食欲もアップ

せっかく夏に頑張ってヴィーナスラインを手に入れた人がだんだんリバウンドを感じてくる秋。野菜、果物、魚などの旬のものが美味しく、行楽シーズンということもあり、どうしても“食欲の秋”に走ってしまいがちに。服装も薄着から厚着になり、体のラインも目立たなくなる!と油断して「明日からダイエット」とついつい言ってしまう方も多いのでは? リバウンドしないためにも“スポーツの秋”と気持ちを切り替えて、食欲に負けずに乗り越えていきましょう。

 

ポイントは関節運動

とはいえ、リバウンドするものか!と頑張ってみても、つらく激しい運動は誰も続かないですよね~。今回は、股関節、肩甲骨、足首のそれぞれの部位に分けた、いつでも簡単にできるストレッチをご紹介します。ポイントは“関節運動”。“鍛える”というより“関節を動かす”ということを日常的に行なっていくと骨盤がゆがみにくく、わざわざ時間を取って運動をしなくても、余分なお肉が付きにくくなります。

また、体全体の体重を落とすより、スタイルの要となる部分を引き締めると印象も格段に変わります。少しでも楽しくきれいになりたい! 運動はキライ! という人にはとくにオススメです。

そもそも、関節の役割は骨と骨とを結び滑らかな動きをサポートすること、骨が受ける衝撃を吸収することなどです。股や膝、肩、肘、手首、足首、顎(あご)など、体にはたくさんの関節があります。関節を動かすことで、関節軟骨に栄養がいきわたり、座る、立つ、歩くなど、人間の基本的な動作がスムーズにできるようになります。また、それだけでなく、血液中のカルシウムを調整し、イライラ防止や肌荒れなども予防してくれています。日頃から筋肉だけでなく意識して関節もしっかり動かしていきましょう。

関節運動は筋肉が付着している関節を、ゆっくりと流れるようなポーズによって緩めたり、刺激を与えたりするもので、筋肉への負担が比較的に少ないため筋力のない方、体のカタイ方でも誰でもがムリなく行えます。

股関節ストレッチで美尻

股関節を動かすとポッコリお腹の解消、キュッとくびれたウエスト、引き締まった太もも、美尻が目指せます。股関節は上半身と下半身を結んでいる関節なので、股関節を動かすとお腹、骨盤、お尻、太ももの筋肉を同時に刺激することができます。ふだん動かしているようで動かし切れていないことが下半身太り、骨盤のゆがみにつながってしまうのです。

002

床が硬ければタオルを膝にあててください

1.四這いになります。

 
003

股関節からしっかり脚を持ち上げましょう

2.右脚の太ももを床と平行になるように持ち上げましょう。

 
004

膝を回すのではなく股関節を動かしましょう

3.右脚を股関節からまわせる範囲で大きく回します。左脚も同様に、内回しと外回しをそれぞれ左右5回ずつ。