内ももにすき間を! 1日10分! 簡単内もも痩せトレーニング

内もも

美脚の条件は内もものすき間

いわゆる美脚の必須条件のひとつとして挙げられる、太もものすき間。これは、内転筋という普段使われにくい内ももの筋肉を鍛えることで得られます。もちろん、今からでも遅くありません。長年放っておいたために弛んでしまった内ももを、簡単なトレーニングで引き締めて、太ももにすき間を作りましょう!

今回は、家の壁の角を使って1日10分で出来る、とっても簡単な内ももを引き締めるトレーニングのご紹介です。キュッと締まった太ももを作る新習慣を身につけてみませんか?

 


「ながら」できるから続く!内ももトレーニング

始める前に、まずタオルを1枚用意し、壁やタンス等の角を探してください。タンス等を使う場合は、力強く押しても動かない事を確認してから行ってくださいね(動いてしまうと危険です!)。
テレビを見ながらでも出来るので、とっても続けやすいトレーニングです!

内もも

1、片膝を曲げて壁の角の前に座る

1、壁やタンスの角の前に、片脚の膝を曲げて座ります。両手は後ろの楽な位置につきます。

 
内もも

2、タオルを折って膝と壁の間に挟む

2、曲げた膝の内側と壁の間に、折ったタオルを挟みます。

※タオルは膝が痛くならないよう、クッション代わりに挟みます。タオルを挟まずにも出来ますが、「膝蓋骨」という膝の骨が直接、堅い壁に当たるので、そのまま力強く壁を押すと、膝の骨への衝撃による痛みが発生してしまいます。変なところで痛みが生じてしまうと、痛みをかばうために膝で壁を押す力が十分に発揮されなくなってしまいます。「思い切り力を加える」ことがトレーニングに繋がるので、タオルは余分な痛みを発生させずに、効率良くトレーニングするための「補助」という形になります。


 
内もも

3、思いっきり壁を押してキープ!

3、曲げた膝で思いっきり壁を押して、内方向に力を加え、そのまま30秒キープ!

※呼吸は止めずにゆっくりと続けましょう!

 
内もも

4、ゆっくりと力を抜き、お休みを

4、30秒キープしたら、ゆっくりと力を抜いて、30秒お休みをします。30秒お休みをしたら、また力を加えて30秒キープ!


3~4を、1日3~5セット、左右共に行います。

 
このトレーニングは「内転筋」という、いわゆる内ももの筋肉に効果があります。
内転筋は、脚を内側に閉じる時に使われる筋肉で、骨盤を正しい位置に保つ役割もあります。日常生活では、他の筋肉に比べてもあまり使われることがないので、非常に衰えやすく、意識してトレーニングをしないと内ももに脂肪が付きやすくなってしまいます。

1日10分で出来る、とっても簡単なトレーニングです! 是非、習慣化してみてくださいね。「美は1日にして成らず」です。毎日の積み重ねることで、必ず太ももにすき間があらわれます。

同時に、太ももトレーニングも行うことで、よりすっきりとバランスの良い美脚になりますよ!
内ももとセットで効果倍増!太ももトレーニング


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。